すべての記事

Wrikeのサブタスク

テーブル 111. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

サブタスクはタスク内に存在し、タスクをより小さい実行可能な項目に分割するのに役立ちます。

サブタスクには通常のタスクと同一の属性があるため、サブタスクごとに期限、担当者、ステータスなどを付与することができます。 設定できる階層のレベルには制限はありません。 つまり、サブタスクにサブタスクを追加することも可能です。

サブタスクを使用する場合

以下の目的でサブタスクを使用します。

  • タスクの進捗状況を今まで以上に把握できるようになります。 サブタスクの何パーセントが完了したかを確認し、その情報を元に、引き続き完了させる必要のある作業量を把握できます。

  • 各チームメンバー(または複数のチームメンバー)がチームメートのタスクステータスを変更することなくサブタスクに完了マークを付けられるように、サブタスクを割り当てることができます。

場合によっては、Wrikeにより親タスクとサブタスクの日付を合わせるかどうかを尋ねられますが、日付の調整は任意です。 サブタスクは常に親タスクのスケジュール設定日とは独立してスケジュール設定することができ、その逆も可能です。

ヒント

親タスクを完了し、表示されるポップアップではいをクリックすると、タスクの有効なサブタスクはすべて自動的に完了します。 同様にすべての有効なサブタスクをキャンセルまたは延期することができます。

サブタスクの表示場所

リストビューで

タスクにサブタスクがある場合、タスク名の左側に矢印が表示されます。 矢印をクリックしてサブタスクリストを展開または折りたたみ、タスクのサブタスクのすべての名前を確認できます。 タスクにサブタスクがない場合は、サブタスクアイコンは表示されません。

タスクビューで

タスクビューでは、タスクにサブタスクがない場合、タスクビューの最上部近くにサブタスクを追加するオプションが表示されます。 タスクにサブタスクがある場合、タスクにあるサブタスクの数を示すフィールド(タスクビューの最上部近く)が表示されます。 タスクのサブタスクフィールドをクリックして、タスクのサブタスクのリストを展開したり折りたたんだりすることができます。

テーブルビューで

タスクの左側に矢印が表示されます(サブタスクがある場合)。 矢印をクリックしてサブタスクリストを展開または折りたたみ、タスクのサブタスクのすべての名前を確認できます。 サブタスク自体に一連のサブタスクがある場合、これらの同じアイコンが親サブタスクの横に表示されます。

ガントチャートで

タイムラインでは、サブタスクがあるタスクには名前の左側に「+」記号があります。 クリックするとサブタスクが表示されます。 タスクのサブタスクがタイムラインに表示されると、親タスク名の左側の-記号をクリックして、タスクのサブタスクを非表示にすることができます。

ガントチャートのテーブル部分は、テーブルビューと同じように動作します。 タスクの左にある矢印をクリックすると、サブタスクが表示されます。

ボードビューで

サブタスクは親タスクの名前の下にアイコンとして表示されます。

サブタスクの並び替え

  1. サブタスクが存在する親タスクを開きます。

  2. サブタスクを並び替えたい順序にドラッグ&ドロップします。

トップ