すべての記事

サブタスク

サブタスクはProfessionalBusiness、およびEnterpriseのアカウントで利用できます。

⏱ 6.5分で読めます

概要

サブタスクはタスク内に存在し、タスクをより小さい実行可能な項目に分割するのに役立ちます。 サブタスクにはレギュラータスクと同一の属性があるため、各サブタスクに期日、担当者、ステータスなどを付与することができます。 設定できる階層のレベルには制限はありません、つまりサブタスクをあなたのサブタスクに追加できます。

次のためにサブタスクを使用します:

  • タスクの進捗状況を効率よく追跡します。サブタスクの何パーセントが完了しているかを確認して、その情報を元にまだ完了すべき作業量を理解します。
  • 各チームメンバー(または複数のチームメンバー) がチームメートのタスクのステータスを変更せずにサブタスクの完了をマークできるように、サブタスクを割り当てます。

重要な情報

  • 状況によっては、Wrikeは親およびサブタスクの日付調整を求めることがありますが、日付調整はオプションであり、親タスクの予定日とは別にいつでもサブタスクの予定を決めることができます、またその逆も可能です。
  • タスクの有効なサブタスクのすべてを自動的に完了するには、親タスクを完了して表示されるポップアップの「はい」をクリックします1。 有効なサブタスクのすべてを同じ方法でキャンセルまたは延期します。
  • サブタスクをガントチャートに表示させるには、予定開始日および予定終了日を設定する必要があります。

Subtasks_-_Mark_Subtasks_Completed.png

サブタスクを作成する

  1. サブタスクを追加したい親タスクを開きます。
  2. タスクビューパネルから「サブタスクを追加する」ボタン(または既にサブタスクがある場合「+新規タスク」)をクリックします。
  3. サブタスクに名前を入力します。
  4. キーボードでEnterを押します。

サブタスクは直ちに作成されるので、それをクリックして開き、編集を開始します。 サブタスクの親タスクへのリンクは、タスクビューのサブタスクのタイトルの真上にあります。

タスクのサブタスクを表示する

リストビュー

タスクにサブタスクがある場合、タスク名の左側に矢印が表示されます。 矢印をクリックしてサブタスクリストを展開したり折り畳んで、タスクの全サブタスクの名前を確認します。 タスクにサブタスクがない場合は、サブタスクアイコンは表示されません。

タスクビュー

タスクビューでは、タスクにサブタスクがない場合、タスクビューの最上部近くにサブタスクを追加するオプションが表示されます。 タスクにサブタスクがある場合、タスクにあるサブタスクの数を示すフィールド(タスクビューの最上部近く) が表示されます。 タスクのサブタスクフィールドをクリックして、タスクのサブタスクのリストを展開したり折り畳みます。

テーブルビュー

タスクの左側に+記号が表示されます(それにサブタスクがある場合)。 +記号をクリックしてそのタスクのサブタスクを表示するか、タスク名の左側にある-記号をクリックしてタスクのサブタスクを非表示にします。 サブタスクにそれ自体のサブタスクセットがある場合、これらの同じアイコンが親サブタスクの横に表示されます。

ガントチャート

ガントチャートでは、サブタスクがあるタスクには名前の左側に「+」記号があります。 +記号をクリックして、ガントチャートのタイムラインの部分にタスクのサブタスクを表示します。 タスクのサブタスクがタイムラインに表示されると、親タスク名の左側の「-」記号をクリックしてタスクのサブタスクを非表示にすることができます。

ワークロードビュー

ワークロードビューのサブタスクおよびタスクの外観、機能は同一です。

サブタスクを編集する

レギュラータスクの編集と同様に、サブタスクを編集できます。 サブタスクを開くと、担当者の追加、サブタスクの共有、開始日および期日の設定、その他を実行できます。 サブタスクにそれ自体のサブタスクを付与することもできます。 タスクビューおよびリストビューからサブタスクを素早く編集することもできます。

サブタスクをタスクビューから編集する

  1. フォルダーの構造からフォルダーまたはプロジェクトを選択して、リストビューに切り替えます。
  2. サブタスクがある親タスクをクリックしてタスクビューパネルを開きます。
  3. サブタスクフィールドをクリックしてタスクのサブタスクリストを展開します(タスクを開くと、サブタスクリストが既に展開されていることがあります)。
  4. サブタスクリストから次を実行します:
    • サブタスクを右クリックします。編集オプション、サブタスクを個別タブで開くオプション、サブタスクを削除するオプションのリストを記したメニューが表示されます。
    • サブタスクにカーソルを重ねます。カレンダーアイコンがサブタスクの行の右側に表示されます。アイコンをクリックしてサブタスクのスケジュールを作成したり、スケジュールを変更します。
    • 指名された人のアバター(またはデフォルトの指名された人のアイコン)をクリックして、ドロップダウンから指名された人を選択します。

サブタスクをリストビューから編集する

  1. フォルダーの構造からフォルダーやプロジェクトを選択して、リストビューに切り替えます。
  2. 親タスク名の左にある矢印をクリックして次を実行します:
    • サブタスクを右クリックします。編集オプション、サブタスクを個別タブで開くオプション、サブタスクを削除するオプションのリストを記したメニューが表示されます。
    • サブタスクにカーソルを重ねます。カレンダーアイコンがサブタスクの行の右側に表示されます。アイコンをクリックしてサブタスクのスケジュールを作成したり、スケジュールを変更します。
    • 指名された人のアバター(またはデフォルトの指名された人のアイコン)をクリックして、ドロップダウンから指名された人を選択します。

タスクをサブタスクに変換する

リストビュー内でドラッグ&ドロップします。

  1. 変換したいタスクを含むフォルダーまたはプロジェクトを開いてから、リストビューに切り替えます。
  2. 変換したいタスクをクリックしたままにします(リストビューパネルから)。
  3. 変換したいタスクをドラッグして、サブタスクとなるタスク上にドロップします。

タスクビューにサブタスクフィールドを追加する

  1. タスクをサブタスクとして追加したいタスクを開きます。1
  2. 「サブタスクを追加する」2をクリックします(または既にサブタスクがある場合、サブタスクリストの最下部にある「+新規タスク」をクリックします)。
  3. 変換したいタスク名を入力し始めます。3
  4. タスク名がドロップダウンリストに表示されたらそれをクリックします。4

クイックヒント: 「サブタスクを追加する」フィールドのタスクのパーマリンクを入力して「Enter」をクリックすることもできます。

Subtasks_-_Convert_a_Task_into_a_Subtask.png

サブタスクをタスクに変換する

リストビューからドラッグ&ドロップする

  1. リストビューから、サブタスクがある親タスクを開きます。
  2. タスクの提案された位置を示すブルーラインが表示されるまで、サブタスクを親タスクの上部または下部でクリック&ドラッグします。
  3. マウスを離します。

サブタスクをタスクから分離する

  1. サブタスクをタスクビューで開きます。
  2. サブタスク名の下にある「+」アイコンをクリックしてそれをフォルダーに追加します。
  3. サブタスクがタスクであるべきフォルダーまたはプロジェクトの名前を入力してから、ドロップダウンリストに表示されるフォルダーまたはプロジェクトの名前を選択します。
  4. リストビューのサブタスクを右クリックします。
  5. 表示されるドロップダウン メニューから「分離する」を選択します。

サブタスクはこの時点でそれを追加したフォルダーやプロジェクトの正規タスクです。

注記 サブタスクを分離する前にフォルダーやプロジェクトに追加しない場合、サブタスクはルートフォルダーの正規タスクになります。

サブタスクを複数の親タスクに追加する

  1. サブタスクを追加したい親タスクを開きます。
  2. 「サブタスクを追加する」ボタン(またはタスクに既にサブタスクがある場合「+新規サブタスク」)をクリックします。
  3. 追加したいサブタスク名を入力し始めます。
  4. 表示されるドロップダウンリストからサブタスク名を選択します。

これでサブタスクは新しい親タスクおよび古い親タスクで利用できます。

サブタスクの親タスクを変更する

  1. リストビューから、移動したいサブタスクをクリックします。
  2. サブタスクをクリックして、新規親タスクになるタスクにドラッグします。新規親タスクはライトブルーにハイライト表示されます。
  3. マウスを離します。

これでサブタスクは、それを移動したタスクで有効です、元の親タスクには存在しません。

リストビューでサブタスクの順序を変更する

  1. サブタスクが存在する親タスクを開きます。
  2. サブタスクを設定したい順にドラッグ&ドロップします。
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ