すべての記事

パスワードの変更

テーブル 25. 利用可能 - 従来のプラン


概要

すべてのアカウントの種類のすべてのユーザーは、Wrikeプロフィールからパスワードを変更することができます。

各ユーザーはいつでもパスワードを変更することができます。 Wrikeアカウントを保護できるように、定期的にパスワードを変更することをお勧めします。

このページでは、古いパスワードがわかっている場合のパスワード変更について詳しく紹介します。 パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードをリセットする方法で紹介しています。

注意事項

SAML SSOアカウントのユーザーはWrikeパスワードがないため、Wrikeプロフィールからパスワードを変更することはできません。

パスワードを変更する

Changing_Your_Password_-_Change_your_password.png
  1. Wrikeの作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. ドロップダウンから設定を選択します。

  3. プロフィール設定がデフォルトで 1 開きます。

  4. サインイン&セキュリティセクションのパスワード&2段階認証 2までスクロールします。

  5. パスワードの変更に、古いパスワードと新しいパスワード 3 を入力します。

  6. パスワードの変更 4 をクリックします。

強力なパスワードを作成する

安全なパスワードは、大文字と小文字、数字、特殊文字を組み合わせたものです。

Wrikeパスワードでは、以下の文字および記号がサポートされています。

  • 0~9の数字

  • アルファベットA~Z(小文字または大文字)

  • 特殊記号:! ” £ $ % ^ & * ( ) < > ? { } [ ] : ; ’ # @ ~ ¬ ` < > / \ | . , - = _ +

以下のような種類のごくありふれたパスワードは、簡単に推測することができるために安全ではありません。

  • ペット、子供、家族、大切な人の名前

  • 記念日の日付および誕生日

  • 生まれた場所

  • お気に入りの休日名

  • スポーツチームの名前またはマスコット

  • 「パスワード」という単語

トップ