すべての記事

管理者許可

⏱ 2分で読めます

概要

管理者は権限を幅広く有するユーザーです。管理者には次の2つのタイプがあります:

  • 正規管理者は管理者権限を付与されているユーザーです。1つのアカウントに設定できる正規管理者の数には制限がありません。
  • アカウントのオーナーは、初期設定では、最初にアカウントに登録した人になります。 アカウントごとに1人のアカウントのオーナーしか存在できません。 アカウントのオーナーの変更方法についてはこちらをご覧ください。

重要な情報

管理者許可

下のテーブルには、アカウント管理者が利用可能な主な権限が示されています。

許可FreeProfessionalBusinessEnterprise
ユーザー管理チャートにアクセス++++
その他のユーザーを削除++++
ユーザーのライセンスタイプを変更++++
管理者権限の付与と無効化++++
項目をゴミ箱から永続的に拒否する++++
招待状の再送信++++
週の就業が始まる日を選択++++
週の就業日および非就業日を設定++++
日付形式を選択++++
アカウントをバックアップする-+++
カスタムワークフローおよび状況の作成と編集--++
ユーザーグループの作成、編集、消去--++
別のユーザーの作業スケジュールを表示し編集する--++
別のユーザーのメールアドレスを編集--++
リクエストフォームの構成/作成--++
招待状の設定を管理*---+
クラウドストレージを管理---+
パスワードポリシー設定を編集---+
2ステップ認証設定を編集---+
SAMLでSSOを設定 ---+
管理者許可を管理---+
ネットワークアクセスポリシー設定を管理---+
ジョブロールを管理**--++

*Professional/Businessアカウントの管理者は、正規ユーザーがアカウントに招待できる人を制限できます: 誰でも、または会社のEメールドメインからの人

**この機能を利用できるのは、Wrike for Professional Servicesパッケージ、またはWrike Resourceアドオンが有効なBusiness/Enterpriseアカウントだけです。

 Enterpriseアカウントの管理者は上記の権限すべてを持てるとは限らないことに注意してください、詳しくは操作可能な管理者許可ページをご覧ください。

アカウントのオーナー許可

正規管理者が利用可能な権限に加えて、アカウントのオーナー全員は次を行うことができます:

  • 支払情報の編集
  • 請求プランの選択
  • 請求書へのアクセス
  • アカウントのキャンセル

ユーザーを管理者にする

  1. 作業スペースの右上隅にあるプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「ユーザー」タブをクリックします。
  4. 名前、または管理者にしたいユーザーのプロフィール画像をクリックします。
  5. 右側のパネルの「設定の編集」をクリックします。
  6. 「役割」の下のドロップダウンをクリックして、「管理者」を選択します。
  7. 「変更を保存」をクリックします。

ログイン認証の入力が促されます、入力すると変更内容が直ちに適用されます。

さらに詳しく

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ