すべての記事

アカウント管理者権限

テーブル 39. 利用可能 - 従来のプラン


概要

管理者は、Wrikeの作業スペースの拡張権限を持つユーザータイプですが、表示できるのは自分と共有しているタスク、プロジェクト、フォルダーのみです。 管理者は、作業スペースの設定や他のユーザーを編集できます。 管理者権限の完全な一覧は次の通りです:

補足事項

グループ管理者やスペース管理者は、常に管理者ライセンスタイプと同じ権限を与えられるわけではないので、混乱しないようご注意ください。 アカウント管理者は、特に管理者ライセンスタイプを指して使用される場合があります。

テーブル 41. 管理者権限

権限

Free

Professional

Business

Enterprise

ユーザー管理チャートにアクセス

+

+

+

+

他のユーザーを削除

+

+

+

+

ユーザーのライセンスタイプを変更

+

+

+

+

管理者権限の付与と無効化

+

+

+

+

項目をゴミ箱から完全に削除

+

+

+

+

招待の再送信

+

+

+

+

週の就業が始まる曜日を選択

+

+

+

+

週の就業日および非就業日を設定

+

+

+

+

日付形式を選択

+

+

+

+

アカウントをバックアップ

-

+

+

+

ユーザーグループを作成、編集、削除

-

-

+

+

他のユーザーの勤務スケジュールを表示、編集

-

-

+

+

他のユーザーのメールアドレスを編集

-

-

+

+

リクエストフォームの構成/作成

-

-

+

+

招待の設定を管理*

-

-

-

+

クラウドストレージを管理

-

-

-

+

パスワードポリシー設定を編集

-

-

-

+

2段階認証設定を編集

-

-

-

+

SAMLによるSSOを設定

-

-

-

+

管理者権限の詳細の指定

-

-

-

+

ネットワークアクセスポリシー設定を管理

-

-

-

+

ジョブロールを管理**

-

-

+

+


補足事項

  • *Professional/Businessアカウントの管理者は、正規ユーザーがアカウントに招待できる人を制限できます(誰でも、または会社のメールドメインの人など)。

  • **この機能は、Enterprise Pinnacleアカウントでのみ利用可能です。 また、Wrike for Professional ServicesパッケージまたはWrike Resourceアドオンが有効になっている従来のアカウントの機能の一部でもあります。

トップ