すべての記事

Wrikeのレポート

テーブル 73. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

すべてのアカウントユーザーは、Wrikeでレポートを使用できます。 外部ユーザーおよびコラボレーターは、共有されているレポートのみ表示できます。 その他のユーザーは、レポートを作成および管理できます。

Wrikeレポートはカスタマイズ可能なレポートで、作成してタスクおよびプロジェクトから必要なデータを素早く収集できます。 開くたび、または再表示するたびにレポートは自動更新され、レポートの基準を満たす最新データが含まれます。

例えば、レポートを作成してチームのフォルダーから有効なタスクをすべて表示できます。 レポートは開いたり再表示したりするたびに自動更新されるため、現在有効であるタスクのみが表示されます。 また、スペースのツールとしてレポートを追加または作成することで、チーム固有のレポートに素早くアクセスすることができます。

自分が作成したレポートや共有中のレポートの完全なリストを表示するには、ホームページの右側にある レポートをクリックするか、ローンチパッドを使用します。

Wrikeレポートのメリット

  • 時間を節約:Wrikeレポートを開くたびに、新しい情報があると自動更新されます。 つまり、毎週レポートをまとめるのに時間をかける必要はありません。

  • 作業全体の進行を可視化:プロジェクトおよびチームすべてのパフォーマンスを深く把握できます。

  • 見込み管理:チームの作業を遅らせている要因、期限を過ぎている作業、行き詰っている部分を明確にします。

次のステップ

トップ