すべての記事

レポート概要

BusinessおよびEnterpriseアカウントの正規ユーザーはレポートを作成できます。

5.5 で読めます

概要

 

Wrikeレポートはカスタマイズ可能なレポートであるため、それを使用してタスクおよびプロジェクトから必要とするデータを素早く収集できます。 レポートを開くまたは更新するたびに、それは自動更新されレポートの基準を満たす最新データを含めます。

例えば、レポートを作成してチームのフォルダーから有効なタスクをすべて表示できます。 レポートを開いたり、更新するたびに、それは自動的に更新され現在有効であるタスクのみが表示されます。

注記外部ユーザーおよびコラボレーターはWrikeレポートを作成できませんが、彼らは彼らと共有されるレポートおよびレポートスナップショットを表示できます。 

Overview.png

Wrikeレポートのメリット

  • 時間を節約: Wrikeレポートを開くたびに、新しい情報があると自動更新されます、つまり、週ごとにレポートを収集する時間を費やす必要はありません。
  • 作業の進行を可視化できる:プロジェクトおよびチームすべてのパフォーマンスを深く把握できます。
  • 期待を管理する:チームの作業を遅らせている要因、期日経過している作業、行き詰っている部分を明確にします。

Wrikeレポートを作成する

  1. 作業スペースの最上部から1レポートタブを選択します。
  2. 「+ 始めから新規レポート」2をクリックするか、レポートテンプレートのいずれかを選択します。
  3. Wrikeのレポートビルダーを使用して、レポートに追加したいデータタイプを指定します。
  4. レポートのパラメータを設定してから、「保存と表示」をクリックします。

新規レポートに進み、新規レポートは作業スペースのレポートセクションのレポートリストの最上部にも追加されます。

注記レポートを作成前に削除するには、レポートビルダーを閉じるか、レポートビルダーの右上隅の「キャンセル」を保存前にクリックします。

Create_a_Wrike_Report.png

Wrikeのレポートビルダー

Wrikeのレポートビルダーは、レポート作成のプロセスを辿る4つのパネルで構成されています。

Wrike_s_Report_Builder.png

レポートに名前を付ける

レポートビルダーの最上部の「新規レポート」フィールドのレポートに名前を入力します。 後でレポートをレポートタブで簡単に見つけられるように、レポートに説明的な名前を付けます。

レポートタイプ

このパネルを使用して次に関してレポートしたいことを選択します: プロジェクトタスク、またはタイムログエントリ。 レポートの内容は、レポートに含まれるデータを示します。

  • プロジェクトレポート:レポートビルダーで指定する基準に一致するプロジェクトを含めます。
  • タスクレポート:レポートビルダーで指定する基準に一致するタスクを含めます。
  • タイムログレポート:レポートビルダーで指定する基準に一致するタイムログエントリを含めます。

注記タスクのレポートは、サブタスクからのデータも自動的に含めます。

ソースデータ

各フォルダーや各プロジェクトの左側にあるボックスにチェックを入れて、そのフォルダーやプロジェクトからのデータをレポートに含めます。ご注意ください:

  • サブプロジェクトやサブフォルダーがあるプロジェクトまたはフォルダーは、名前の左側に矢印が示されています。 サブプロジェクトおよびサブフォルダーを表示するには矢印をクリックします。1
  • 存在しているデータを親フォルダーやプロジェクトに直接含めるには、そのフォルダー/プロジェクト 2の横のボックスにチェックを入れます。親フォルダーやプロジェクトの横のボックスにチェックを入れたり外したりすると、そのサブフォルダーおよびサブプロジェクトは自動的に選択または選択解除されます。
  • 特定のサブフォルダーやサブプロジェクトのみを含めるには、親フォルダーやプロジェクトの横にある矢印をクリックして、適切なサブフォルダーおよびサブプロジェクト3の横のボックスにチェックを入れます。

Wrike_s_Report_Builder_-_Source_Data.png

フィルター

このステップはオプションですが、フィルターを追加するとレポートに含めたい情報のタイプを決定できます。

追加できるフィルターのタイプは、タスクやプロジェクトをレポートするかどうかにより異なります。

プロジェクトタスクタイムログエントリ
プロジェクトオーナー状況ユーザー
状況指定先日付
開始日時実施するタスクカテゴリー
完了日時タスクタイプ 
プロジェクト作成者締め切り 
作成日開始日時 
状態完了日時 
進捗最終修正日時 
承認作成日時 
+ カスタムフィールド作成者 
 承認 
 審査 
 + カスタムフィールド 

フィルターを追加する

  1. フィルターカテゴリの左側にあるドロップダウン矢印をクリックします。
  2. 適用したいフィルターの横のボックスにチェックを入れます。
  3. 適用したい全フィルターにこのプロセスを繰り返します。

選択したフィルター基準を満たすタスクだけがレポートに含まれます。

注記フィルターパネルの「他のフィルターの追加」ボタンをクリックするとカスタムフィールドを表示しそれらをフィルターとして適用できます。

レイアウト

このタブを使用してレポートのフォーマットを指定します: 列チャートまたはテーブルチャートとして。 次に、レポートに追加したいグループ分けを指定します。 グループ分けはデータをレポートでどのように整理するのかを指定しますが、グループ分けがレポートにどのように反映するのかは選択するフォーマットにより異なります。  

以下のスクリーンショットには、列チャートレポート(左)、テーブルチャートレポート(右)が表示されます。両方のレポートには. 「担当者」および「状況」が適用されています:

注記タイムログレポートはテーブルビューでのみ利用可能です。

Column_and_table_report_layout.png

 

グループ分けを追加する

  1. 「グループ分け」の下にあるドロップダウンフィールドをクリックします。
  2. 追加したいグループ分けを選択します。

列チャートについては、最大で2つのグループ分け、テーブルチャートについては、最大で10のグループ分けを追加できることに注意してください。

保存済みWrikeレポートを開く

レポートタブから保存済みWrikeレポートを開きます。レポート列ヘッダーをクリックしてそのセグメント別に分類します。

  1. 作業スペースの最上部からレポートタブを選択します。 最近表示または作成したレポートが、レポートビューの最上部に表示されます。
  2. 表示されるリストからレポートを選択します。
  3. レポートは開き、レポートビルダーで指定した基準に一致する最新データを含めます。

保存済みWrikeレポートを編集する

  1. 作業スペースの最上部からレポートタブを選択します。
  2. 表示されるリストからレポートを選択します。
  3. レポートは開き、レポートビルダーで選択した基準に一致する最新データを含めます。
  4. レポートの右上隅の「編集」ボタンをクリックすると、レポートビルダーが開きます。
  5. レポートビルダーでレポートを編集します。
  6. 「保存と表示」をクリックして、変更内容を保存し、編集したレポートを表示します。

Wrikeレポートを削除する

  1. 作業スペースの最上部からレポートタブを選択します。
  2. 削除したいレポートを右クリックします。
  3. 表示される「削除」オプションをクリックします。

注記レポートが削除されると直ちに、作業スペースの最下部で「元に戻す」リンクが一時的に利用できます。

Wrikeレポートを共有する

正規ユーザーは、Wrikeアカウントの他のメンバーとWrikeレポートを共有できます。 詳しくはレポートの共有ページをご覧ください。

テーブルチャートをExcelにエクスポートする

テーブルレポートが共有される、テーブルレポート作成者および全ユーザー(コラボレーターを含む)は、テーブルレポートをExcelにエクスポートできます。 

  1. テーブルチャートの右上隅のメニューボタンをクリックします。
  2. 表示されるドロップダウンメニューの「Excelにエクスポート」を選択します。
  3. レポートからの全データは.xlsファイルに自動的にエクスポートされ、コンピュータのダウンロード済みファイルがあるデフォルトのフォルダーに保存されます。

注記グループ分けをテーブルに追加しておくと、これらのグループ分けはデータをExcelにエクスポートする際に保持されます。

さらに詳しく

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ