すべての記事

ガントチャートのタスク

テーブル 9. 利用可能 - 従来のプラン


概要

ガントチャートは、左側のテーブルと右側のタイムラインの2つの部分で構成されています。 テーブル部分には、タスクとその属性のリストが表示されます。

タイムライン部分には、次の情報が表示されます:

  • 開始日から終了日までのバー 1 によって表されるスケジュール済みのタスク。

  • スケジュール済みのサブタスクを持つ未着手タスクは、最初のサブタスクの開始日から最後のサブタスクの終了日までの、斜線の縞模様が付いたバー 2 で表されます。

  • 他のすべての未着手タスクは、カレンダーアイコンで表されます 3

Gantt_Taskoverview.png

ガントチャートでは、次の操作を実行できます:

ガントチャートからタスクを開く

テーブルから:

  1. 開きたい対象のタスクを含むスペースに移動します。

  2. タスクのタイトルをクリックして、項目ビューを開きます。

Gantt_Table_Itemview.png

タイムラインから:

  1. チャートのタイムライン部分で、開きたいタスクバー 1 をクリックします。

  2. 表示されるポップアップのタスクのタイトル 2 をクリックします。

タスクが項目ビューとしてオーバーレイ表示されます。 または、タイムラインのタスクバーをダブルクリックしてタスクを開くこともできます。

GanttTasks_Timeline_Itemview.png

ガントチャートのタスクを編集する

テーブルから:

  • テーブル内のセルをダブルクリックし、新規の情報または更新情報を入力します。 タスクのタイトル、担当者、ステータス、開始日/終了日、およびカスタムフィールドを編集できます。

タイムラインから:

  1. タイムラインのタスクバーをクリックします。

  2. 表示されるポップアップのタスクのタイトルをクリックします。

項目ビューまたは項目ビューのオーバーレイが開き、タスクの詳細を編集できます。 タスクのオーバーレイを閉じるとガントチャートに戻ります。

注意

以前は、ガントチャートのテーブルセクションからタスクを割り当てる際に、共有権限に関係なく、ユーザーには担当者ピッカーにすべてのアカウントユーザーのリストが表示されていましたが、 このプロセスがアップデートされました。 現在、ユーザーがタスクを共有する権限を持っていない場合、担当者ピッカーにはタスク(またはその親項目)へのアクセス権を持つユーザーのみが表示されます。

ガントチャートのタスク階層を変更する

タスク階層内でタスクの位置を変更する手順(タスクのサブタスク、サブタスクのサブタスクなど):

  1. ガントチャートのテーブル部分に移動します。

  2. 位置を変更するタスクの行をクリックします。 行の色がグレーに変わります。

  3. 行のどこかを右クリックします。 ここから実行できること:

    1. インデント – タスクをタスク階層の1レベル下に移動(つまり、タスクをサブタスクに変換)します。

      GanttTasks_Indent.png
    2. アウトデント – タスクをタスク階層の1レベル上に移動(つまり、サブタスクをタスクに変換)します。

      GanttTAsks_Outdent.png

また、タスクをドラッグ&ドロップしてサブタスクに変換したり、1つのビュー内でタスクの場所を変更したりすることも可能です。 これを行うには、テーブルのタスク名の左側にある番号をクリックしたままにします。 サブタスクにする場合は別のタスクに、サブタスクをタスクにする場合には親フォルダー/プロジェクトに、または場所を変更する場合は別のフォルダー/プロジェクトにドラッグ&ドロップします。

Gantt_Table.gif

ヒント

ガントチャートのキーボードショートカットを使用して、タスクの階層レベルを上げたり下げたりできます。

ガントチャートからタスクの期間を変更する

  1. タイムラインで期間を変更するタスクを見つけます。

  2. タスクバーの左または右側にカーソルを合わせて、マウスを矢印に変えます。

  3. バーをクリックして左右にドラッグし、タスクの期間を短縮または延長します。

Tasks_DurationTimeline.gif

または、期間セルの数値を変更して、テーブルから変更することもできます。

GanttTasks_Duration.png

ヒント

期間カスタムフィールドがテーブル部分に表示されない場合は、テーブルの左上隅にある歯車アイコン 1 をクリックし、期間 2 の横にあるチェックボックスをオンにして、カスタムフィールドとして追加します。

GanttTask_gear.png

ガントチャートのタスクを削除する

タイムラインから:

  1. 削除するタスクバー 1 をクリックします。

  2. 表示されたメニューから、3ドットメニューボタン 2 をクリックし、タスクを削除 3 を選択します。

GanttTasks_DeleteTimeline.png

テーブルから:

  1. 削除するタスクの行を右クリックします。

  2. 削除を選択します。

GanttTask_DeleteTable.png

カスタム項目をサブ項目として追加する

標準のサブタスクまたはタスクベースのサブ項目を追加する手順:

  1. ガントチャートのテーブル部分に移動します。

  2. サブ項目として作成または追加するタスクを右クリックし、サブ項目を追加 1 を選択します。

  3. メニューから次を実行できます:

    1. 検索フィールド 2 を使用して、使用可能なタスクベースのサブ項目を追加する。

    2. タスクフィールド 3 を選択して、新しい標準サブタスクを作成する。

    3. リストから作成したカスタム項目タイプを使用して、サブ項目 4 として追加する。

TasksGanttChart_Add_subitem.png
トップ