すべての記事

Wrikeのプロジェクト

テーブル99. 利用可能 - 従来のプラン


概要

すべてのユーザーがWrikeでプロジェクトを表示でき、コラボレーターを除くすべてのユーザーがプロジェクトを作成して編集できます。

プロジェクトは、Wrike内で作業を整理し、管理、報告する主な方法の1つです。 プロジェクトを使用して、より大きい目標の一部であるタスクのグループを管理します。

プロジェクトでは、ステータスおよび期限をタスクとは別に追跡しつつ、情報(プロジェクトオーナー、開始日、終了日、カスタムフィールド、およびプロジェクトチームがアクセスしたい添付ファイルまたはコミュニケーション)をプロジェクト自体に直接追加することができます。

プロジェクトを使用する場合

プロジェクトの使用が必要な場合:

  • Wrikeレポートでプロジェクト情報に関してレポートする。 プロジェクトレポートは、進捗状況の全体像を捉えるのに役立ちます。

  • 個々のタスクだけでなく、プロジェクト自体に開始日または終了日を追加する。

  • ステータスを追跡する重要なイニシアチブを実行する。

  • 一連のタスクまたはサブプロジェクトの進捗状況を自動的に追跡する。

  • ガントチャートで関連タスクを表示および管理する。

トップ