すべての記事

プロジェクト

全アカウントタイプの外部および正規ユーザーはプロジェクトを作成できます。

⏱ 6分で読めます

概要

プロジェクトは、Wrike内で作業を整理し、管理して、レポートを作成する主な方法のひとつです。 プロジェクトを使用して、より大きい目標の一部であるタスクのグループを管理します。 プロジェクトによって、状況および期限をタスクとは別に追跡しつつ、情報(プロジェクトオーナー、開始日、終了日、カスタムフィールド)に加えて、プロジェクトチームがアクセスしたい添付ファイルまたはコミュニケーションをプロジェクト自体に直接追加することができます。

クイックヒント!プロジェクトのアーカイブ方法については、アーカイブに関する記事をご覧ください。

 

 

プロジェクトとフォルダー

以下で詳細を一覧できますが、各項目を使用する場合について詳しくは、ページ構成要素:タスク、フォルダー、プロジェクトをご覧ください。

  • スペースを使用して、プロジェクトおよびフォルダーを1つの構成要素としてグループ化します。 たとえば、スペースには、相互に関連付けられるプロジェクト、フォルダー、タスクが含まれます。 スペースには、チーム、部署、特定のプロジェクト、または組織の他のプロセスなどに関連するデータが含まれます。
  • フォルダーを使用して作業を分類します。 たとえば、フォルダーを使用してプロジェクトおよびタスクをチーム別、クライアント別、作業の段階別、またはチームに最適な方法でグループ化します。 フォルダーにはサブフォルダー、プロジェクト、タスクが含まれます。
  • プロジェクトを使用して、より大きい目標の一部であるタスクのグループを管理します。 プロジェクトを使用すると、プロジェクトの状況および期限を個々のタスクとは別に追跡し、プロジェクトチームがアクセスできる必要があるファイルやメモを保存することができます。  
  • タスクは、完了する必要があるアクティビティです。 タスクは単独のアクティビティ、またはより大きいプロジェクトの一部です。
  • 最後に、サブタスクはタスクの完了に必要なステップです。サブタスクは、ステップごとに異なる人が担当する場合、特に便利です。

プロジェクトを作成する

新規プロジェクトの作成

  1. 左側のナビゲーションパネルのスペース名の横の「+」をクリックします。その他、作業スペースの左上隅の大きい「+」ボタンをクリックします。
  2. 開いたポップアップウィンドウの「フォルダーのプロジェクト」を選択します。
  3. プロジェクト名を入力します。
  4. 追加のプロジェクトの属性を指定します:
    • プロジェクトの初期設定ビューを選択します。
    • プロジェクトを共有したい人を指定します。
    • プロジェクトの開始日および終了日を指定します。
    • 別のプロジェクトオーナーを追加します。
  5. 「作成」をクリックします。

フォルダーをプロジェクトに変換する

  1. 左側のナビゲーションパネルのフォルダーを右クリックします。
  2. 「プロジェクトに変換」を選択します。

プロジェクトをフォルダーと区別しやすくするために、プロジェクトにはナビゲーションパネルのプロジェクト名の左側にクリップボードアイコンclipboard.pngがあります。

サブフォルダーをサブプロジェクトに変換する

上記の同じ手順を使用できます、または:

  1. リストビューのサブフォルダーを右クリックします。
  2. 「プロジェクトに変換」を選択します。

プロジェクトの属性

プロジェクトの情報からプロジェクトのプロパティにアクセスして編集できます。 フォルダーの構造からプロジェクトを選択するだけで1、プロジェクトの情報が記載されたパネルが2自動的に表示されます。

project-panel-1.png

ここからプロジェクトを表示して編集することができます:

オーナー

「オーナー」1属性により、プロジェクトを担当する人または人たちを明示できます。 プロジェクトオーナーを追加するには、「オーナー」フィールドの隣にある「+ 」2をクリックします。 追加するユーザー名の入力を開始し、表示されるドロップダウンから名前を選択します3。 誰かをプロジェクトオーナーとして追加する場合:

  • プロジェクトはそのユーザーと自動的に共有されます(以前共有されなかった場合)。 「元に戻す」ボタンでポップアップ通知が表示されます。 そのボタンをクリックすると、プロジェクトとそのユーザーとの共有が直ちに停止されます。
  • そのユーザーはその変更に関するEメール通知を受信します(彼らのEメール通知設定に応じて)。
  • メモがプロジェクトの活動ストリームに追加されます。
  • そのユーザーのプロフィール画像が「オーナー」のフィールドに表示されます。

project-owner.png

コミュニケーション

説明およびコメントのセクションを使用して、情報をチームと簡単に共有し、プロジェクトの最新の進歩状況を確認します。 説明フィールドは、重要なプロジェクト情報に取り組み、更新できるライブエディターです、コメントセクションは、コメントに@メンションすることで質問したり、特定のチームメートに注意を喚起したりするのに最適な場所です。

ワークフロー

プロジェクトのワークフロー1は、プロジェクトで作成される新規タスクすべての初期設定のワークフローを決定します。 Free/Professionalアカウントの全ユーザーは初期設定のワークフローを使用しますが、Business/Enterpriseユーザーは、初期設定から自分のいずれかのカスタムワークフローに変更できます。 プロジェクトのワークフローを変更するには、「初期設定のワークフロー」の隣にあるドロップダウンの矢印をクリックして、そのプロジェクトで初期設定にするワークフローを選択するだけです。

ファイルを添付する

プロジェクトに直接ファイルを添付する 2と、簡単に検索しアクセスできるようになります。 ファイルを添付するには、「ファイルを添付」をクリックしてから、ファイルを添付する場所(ご利用のコンピュータ、またはサポートされているクラウドプラットフォームから)を選択します。 添付するファイルを選択できる場所からポップアップが表示されます3。 添付は優れた機能です。ファイルの添付により、できることがより詳細に把握できます。

設定を共有する

スペース、フォルダー、タスクと同様に、プロジェクトはプライベートにしたり、他者と共有したりすることができます。 共有設定を表示および編集するには、プロジェクト情報パネルの共有アイコン4をクリックします。 表示されるメニューの最上部には、プロジェクトの現在の共有者が表示され、最下部には検索ボックスおよびドロップダウンがあり、他のユーザーとプロジェクトを共有できます。 プロジェクトの共有方法に関する詳細をお読みください。 また、必要に応じて、プロジェクトの共有を停止することもできます。

project-attach.png

状況

プロジェクトの状況1を使用して、プロジェクトの進歩状況を示します。プロジェクトの進行に伴い、その状況を次のプロジェクトの初期設定の状況のいずれかに変更します2

2019年4月15日前に作成されたアカウントの場合、次に示す6つの状況オプションが現在利用可能です。

  • 緑色:プロジェクトは追跡中で、期限通りに完了します。
  • 黄色:少し停滞しており、プロジェクトの期限に影響を及ぼす可能性があります。
  • 赤色:プロジェクトはスケジュールより遅れており、期限に間に合いません。
  • 待機中:プロジェクトは待機中です。
  • キャンセル済み:プロジェクトはキャンセルされました。
  • 完了済み:プロジェクトは完了しました。

状況を選択するには:

  1. 状況フィールドにカーソルを合わせます。
  2. 表示されるドロップダウンの矢印をクリックします。
  3. 状況オプションのいずれかを選択します。

選択した状況が状況フィールドに表示され、対応する色の細いバーがプロジェクト情報パネルの最上部に表示されます。

2019年4月15日以降に作成されたアカウントの場合:

  • 新規:作業対象ですが、まだ作業を始めていない(新規作成)プロジェクト。
  • 処理中:現在作業中のプロジェクト。
  • 完了済み:完了したプロジェクト。
  • 待機中:延期されている、または一時的に待機中のプロジェクト。プロジェクトは、開始日および期限のスケジュール作成済みでも「待機中」とマークされます。
  • キャンセル済み:関連性がなくなった、または完了する必要がなくなったプロジェクト。

状況を選択するには:

  1. 状況フィールドをクリックします
  2. 表示されるドロップダウンメニューから、状況オプションのいずれかを選択します。

選択した状況は状況フィールドに表示されます。

Business/Enterpriseアカウントのユーザーはカスタムワークフローから状況を選択できます:

  1. 状況フィールドをクリックします。
  2. ドロップダウンメニューの最下部に表示される「ワークフローを変更」ボタンをクリックします。
  3. 状況を選択するワークフローにカーソルを合わせます。
  4. 表示されるリストから状況を選択します。

Wrikeのヒント! 完了済みおよびキャンセル済みのプロジェクトをフィルターで除外して、左側のナビゲーションパネルが乱雑になるのを防ぐことができます。

開始日

プロジェクトの開始日3を設定することで、チームを同じページ上に保持できます。 開始日を追加するには:「開始日」の隣にあるフィールドをクリックしてから、日付を入力します。

終了日

プロジェクトを完了する必要がある期日を知らせます。終了日4を追加するには、「終了日」の隣にあるフィールドをクリックして日付を入力します。

project-status.png

プロジェクト日のロールアップ

プロジェクト日のロールアップは、Businessアカウント以上でご利用いただけます。 正規ユーザーは、プロジェクトの日付ロールアップを有効化できます。

プロジェクト日を手動で設定せずに、日付ロールアップを有効化できます。 Wrikeでは、プロジェクト内のサブプロジェクト、タスク、サブタスクのすべての開始日、終了日を自動チェックして、プロジェクトの最も早い開始日、最も遅い終了日を設定します。

プロジェクト日をロールアップするには:

  1. 左側のナビゲーションパネルからプロジェクトを選択します。
  2. プロジェクト情報パネルの右上隅の3ドットメニューボタンをクリックします。
  3. 「日付ロールアップを有効化」を選択します。
  4. 表示されるウィンドウで、「有効化とスケジュール変更」をクリックします。

プロジェクト日は自動設定されるため、それらを手動で変更できません。 あなたや他のユーザーがタスク、サブタスク、サブプロジェクトの最も早い開始日、または最も遅い終了日を変更すると、ロールアッププロジェクト日は自動調整されます。

プロジェクトの日付ロールアップを無効化するには、上記ステップ3の「日付ロールアップを無効化」を選択します。

注記:この方法では、ステップ1で選択したプロジェクトに対してのみロールアップを有効化/無効化します。 そのサブプロジェクトは、ロールアップの有効化または無効化を自動的に行いません。

テーブルビューから複数のプロジェクトのロールアップを有効化/無効化できます:

  1. 日付ロールアップを有効化したい全プロジェクトを含むスペース、フォルダー、またはプロジェクトを選択します。
  2. テーブルビューに切り替えます。
  3. 「開始日」または「期限」の列を見つけます。
  4. 列名の横のキャレットアイコンをクリックします。
  5. 「ロールアップ」にカーソルを合わせます。
  6. 「全プロジェクトを有効化/無効化」を選択します。
  7. 表示されるポップアップで決定を確定します。

テーブルビューに現在ある全プロジェクトに対して、日付ロールアップが有効化/無効化されます。

プロジェクトの経過時間をロールアップ

経過時間のロールアップはBusinessアカウント以上でご利用いただけます。

テーブルビューの「経過時間」列では、選択したタスクにかかった時間を確認できます。

プロジェクト内のタスクについては、値をロールアップし、プロジェクトに費やされた合計時間を表示できます。その手順:

  1. 時間をロールアップするプロジェクトをテーブルビューで開きます。複数のプロジェクトの時間をロールアップする必要がある場合は、すべてのプロジェクトが存在するプロジェクト、フォルダー、またはスペースを開きます。
  2. 「経過時間」列を有効にすると、テーブルに表示されます。
  3. 次の手順:
    • 1つのプロジェクトの時間をロールアップするには、「経過時間」列のセルにカーソルを合わせ、表示される「ロールアップを有効化」アイコンをクリックします。
    • テーブル内のすべてのプロジェクトの時間をロールアップするには、「経過時間」の横にあるキャレットをクリックし、「ロールアップ」にカーソルを合わせ、「全プロジェクトを有効化」を選択します。

プロジェクトに費やされた合計時間がセルに表示されます。

注記:値を編集するには、 タイムログビューに切り替えるか、各タスクを個別に開き、 タスクビューから値を編集します。

ガントチャートのプロジェクト

ガントチャート 1に切り替えることにより、プロジェクトおよびそのタスクのスケジュールの状況を視覚化して把握できます。

  • ガントチャートのタイムラインの部分に表示するには、プロジェクトに開始日および終了日がスケジュールされた、少なくとも1つのタスク (またはマイルストーンタスク) を含める必要があります。
  • 特定のスペースで全プロジェクトを表示するには、左側のナビゲーションパネルのスペース名をクリックしてガントチャートに進みます。
  • アカウントの全スペースに属する、共有している全プロジェクト(公開またはプライベート)を表示するには、左側のナビゲーションパネルの「共有アイテム」セクションをクリックしてガントチャートに進みます。

ガントチャートでのプロジェクトの表示方法

  • プロジェクトのタイトルがガントチャートに表示され、プロジェクトのアイコン2がプロジェクト名の左に表示されます。
  • スケジュールが作成されたタスクは、プロジェクトのタイトルの下に表示されます。
  • プロジェクトの期間*を指定する括弧がプロジェクトのタイトル3の下に表示されます。 括弧の色はプロジェクトの状況に対応しています。

*プロジェクトの開始日と終了日のスケジュールが作成されている場合、括弧はプロジェクトの開始日から終了日までかかります(プロジェクト内のタスクのスケジュールが作成されているかどうかを問わず)。プロジェクトの開始日と終了日のスケジュールが作成されていない場合、括弧はプロジェクト内のタスクの最も早い開始日から最も遅い終了日までかかります。

ガントチャートに表示されるタスクおよびサブフォルダーの詳細についてはここをご覧ください。

project-timeline.png

さらに詳しく

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ