すべての記事

カレンダーまたはレイヤーの削除

テーブル 141. 利用可能 - 従来のプラン


概要

共有中のカレンダーがある正規および外部ユーザーは、アクセスロールで制限されていない限り、カレンダーおよびそのレイヤーを削除することができます。 また、作成したカレンダーを削除することもできます。

カレンダーにより、必要な作業および作業時期を追跡することができます。 Wrikeでは、カレンダーはレイヤーで構成されます。 個々のレイヤーまたはカレンダー全体を削除することができます。

カレンダーまたはレイヤーを削除する方法

Calendars_-_Delete_calendar_or_layer.png
  1. 関連するカレンダーに移動します。

  2. 左側のナビゲーションパネルで削除するカレンダーまたはレイヤーを右クリックします。

  3. 表示されるメニューから削除 1 を選択します。

  4. 表示されるポップアップではい 2 をクリックして、決定を確定します。

カレンダーを削除すると、そのすべてのレイヤーも作業スペースから削除されます。 削除されたアイテムはすべて、共有からアクセスすることができていたユーザーの作業スペースからも削除されます。

自分からカレンダーの共有を停止する方法

アクセスロールにより共有中のカレンダーを削除できない場合は、自分の作業スペースから削除することができます。

Calendars_-_Unshare_calendar.png
  1. 関連するカレンダーに移動します。

  2. 作業スペースから削除するカレンダーを右クリックします。

  3. 表示されるメニューで共有停止 1 を選択します。

カレンダーのリストにカレンダーが表示されなくなります。

よくある質問と回答(FAQ)

削除したカレンダーを復元することはできますか?

いいえ、決定の確定を求められますが、一度カレンダーを削除してしまうと復元することはできません。

トップ