すべての記事

ユーザーのライセンスタイプの変更

テーブル 5. 利用可能 - 従来のプラン


概要

アカウント管理者は、チームメンバーのライセンスタイプを変更できます。 管理者は、誰かを正規ユーザー、外部ユーザー、コラボレーター、または管理者にすることができます。

Wrikeのユーザーはそれぞれ特定のライセンスタイプを持っています。 このライセンスタイプにより、タスク作成のような単純作業からアカウント設定の変更まで、Wrikeで実行できるアクションが決まります。 Enterpriseアカウントでは、特定のライセンスタイプの権限をさらにカスタマイズできます。

ユーザーのライセンスタイプを変更する

Changing_Users__License_Types-Change_a_user_s_license_type.png
  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. 左側のメニューでアカウント管理ユーザーを選択します 1

  3. ライセンスタイプを変更するユーザーの名前をクリックします 2

  4. 表示される右側のパネルで設定の編集をクリックします。

  5. ライセンスタイプの下のドロップダウンをクリックし、適切なオプションを選択します 3

  6. 変更を保存をクリックします。 誰かのライセンスタイプを管理者に、または管理者から切り替える場合、Wrikeのパスワードの入力が求められます。

トップ