すべての記事

カレンダーのカスタマイズ

テーブル 135. 利用可能 - 従来のプラン


概要

コラボレーターを含むすべてのユーザーは、自分がアクセスできるカレンダーの表示をカスタマイズすることができます。

Wrikeでは、必要な情報を正確に表示するようにカレンダーおよびレイヤーをカスタマイズできます。 これらのカスタマイズオプションのほとんどは、カレンダーの表示にのみ影響を与え、共有している他のユーザーには影響を与えません。

カレンダーをカスタマイズする方法

Calendars_-_Customize_calendars.png

カレンダーをグリッドに追加する

カレンダーおよびレイヤーには、それぞれの名前の横にチェックボックスがあります。 1 ボックスにチェックを入れたり、チェックを外すことで、該当するカレンダー/レイヤーのタスクおよびプロジェクトを、グリッドに追加したり削除したりすることができます。 カレンダーの横のボックスにチェックを入れると、自動的にそのすべてのレイヤーにチェックが入ります。

特定のカレンダーまたはレイヤーのみ表示する

カレンダーまたはレイヤーを右クリックして、表示されるメニューからこれだけを表示 2 を選択します。

タスクやプロジェクトをカレンダーの色、またはステータスの色別に表示する

カレンダーの右上隅にある3ドットメニューをクリックして、カレンダーの色別またはステータス別を選択します。 3 どちらのオプションも、すべての期間ビューで使用できます。

週末を表示または非表示にする

週および月ビューでは、カレンダーの右上隅にある3ドットメニューをクリックして、週末を表示/非表示を選択します。 4

週番号を表示または非表示にする

週、月、および四半期ビューで、カレンダーの右上隅にある3ドットメニューをクリックして、週番号を表示/非表示を選択します。 5 このオプションは、月曜日を週の最初の日に設定した場合にのみ使用できます。

カレンダーでのタスクおよびプロジェクトの表示方法を変更する

このオプションは、四半期および年ビューにのみ存在します。

  1. カレンダーの右上隅の3ドットメニューをクリックします。

  2. 正確なイベント期間を選択して、カレンダーグリッドでタスク/プロジェクトを示すバーを作成し、これらのタスク/プロジェクトの正確な期間を反映させます。

  3. グリッドに合わせてイベントを評価を選択すると、バーに予測されるタスクまたはプロジェクト期間を表示させることができます。

選択した内容はすぐにカレンダーのレイアウトに反映されます。

レイヤーのグループ化を表示または非表示にする

カレンダーグリッド上のすべてのタスクは、カレンダーレイヤー別にグループ化されます。 ​四半期ビューおよび年次ビューでは、カレンダーの右上隅にある3ドットメニューをクリックし、レイヤーのグループ化を非表示/表示を選択すると、レイヤーのグループ化を削除または追加できます。

暦年と会計年度を切り替える

カレンダーの右上隅にある3ドットメニューをクリックして、会計年度または暦年を選択します。

パネルでカレンダーとレイヤーを再配置する

パネルでカレンダーの順番を変更することができます。 同じカレンダー内、またはあるカレンダーから別のカレンダーにレイヤーを移動できます。 カレンダーとレイヤーの順番を並び替える手順は次の通りです:

  1. 移動したいカレンダーまたはレイヤーをクリックしたままにします。

  2. 選択した位置までドラッグします。

これでカレンダーまたはレイヤーを新しい場所に表示できるようになります。 レイヤーを別のカレンダーに移動すると、カレンダーにアクセスできるすべてのユーザーの場所が変更されます。

カレンダーパネルのサイズを変更する

カレンダーパネルとグリッドを分ける線の上にカーソルを置くと、カーソルがサイズ変更矢印Calendars-Resizing_icon.jpgに変わります。 線をクリックしたまま左にドラッグするとカレンダーパネルの幅が広くなり、右にドラッグすると狭くなります。

トップ