すべての記事

追跡時間のロックとロック解除

概要

外部ユーザーとコラボレーターを除くすべてのアカウントユーザーは、アクセスロールによって制限されていない限り、タイムログビューで期間をロックおよびロック解除できます。

​従業員のタイムエントリーを確認した後でプロジェクトに取り組む場合、プロジェクトの日付をロックして、エントリーが編集されないようにすることができます。 給与データの作成、クライアントへの請求書の準備、またはWrikeから従業員のタイムエントリーをエクスポートする前に、この機能を使用します。

補足事項

ロックされたタイムエントリーは、そのアカウントで他のユーザーのタイムエントリーを管理する権限を持つユーザーのみが編集できます。

タイムエントリーをロックする

  1. 必要なタイムエントリーがあるタスクを含むフォルダー、プロジェクト、またはスペースに移動します。

  2. タイムログビューに切り替えます。

  3. ビューの右上隅の日付をロックまたはロック解除をクリックします。

  4. ポップアップウィンドウで、エントリーをロックしたい期間指定を選択します。

  5. ロックをクリックします。

手順4で選択した日付内に追加されたすべてのタイムエントリーがロックされます。 元に戻すボタンのあるポップアップが短時間表示されます。 ​特定の日付がロックされていることを示すメッセージが、フォルダー、プロジェクト、スペースのストリーム、およびそれらの中の全プロジェクト、フォルダー、タスクのストリームに表示されます。

補足事項

スペースレベル、またはサブプロジェクト/サブフォルダーを含むプロジェクトまたはフォルダーの日付をロックすると、すべてのサブ項目内のすべてのタイムエントリーも自動的にロックされます。

タイムエントリーがロックされているスペース、プロジェクト、フォルダーにタスク、プロジェクト、フォルダーを移動すると、移動した項目の同じ期間内のタイムエントリーも自動的にロックされます。

タイムエントリーをロッ解除する

補足事項

親スペース、プロジェクト、フォルダーがロックされているために自動的にロックされている場合、一部の時間タイムエントリーのロックを解除できないことがあります。 この場合、親レベルで日付のロックを解除する必要があり、そうすることでサブ項目の日付は自動的にロック解除されます。

  1. 必要なタイムエントリーがあるタスクを含むフォルダー、プロジェクト、またはスペースに移動します。

  2. タイムログビューに切り替えます。

  3. ビューの右上隅の日付をロックまたはロック解除をクリックします。

  4. ポップアップウィンドウで、エントリーをロック解除したい期間指定を選択します。

  5. ロック解除をクリックします。

手順4で選択した日付内に追加されたすべてのタイムエントリーがロック解除されます。 元に戻すボタンのあるポップアップが短時間表示されます。 ​特定の日付がロック解除されていることを示すメッセージが、フォルダー、プロジェクト、スペースのストリーム、およびそれらの中の全プロジェクト、フォルダー、タスクのストリームに表示されます。

トップ