すべての記事

Wrikeのリクエストフォーム

テーブル 32. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

リクエストフォームは、EnterpriseおよびBusinessアカウントでご利用いただけます。

Wrikeのリクエストは2つの部分で構成されています。 管理者がリクエストフォームの作成および管理に使用するリクエストフォーム作成機能と、すべてのユーザーおよび(オプションで)Wrike以外のユーザーがリクエストを送信できる送信フォームです。

リクエストを送信すると、Wrikeは以下を自動的に実行します。

  • タスクまたはプロジェクトを作成します。 管理者がフォームの設定時に作成すべき項目タイプを指定します。

  • リクエストフォームフィールドからタスクまたはプロジェクトに情報を入力します。

  • タスクまたはプロジェクトを場所に追加します。

  • タスクを指定ユーザーに指名するか、オーナーをプロジェクトに追加します(リクエストの作成者により指定された場合)。

  • 承認プロセスを開始します(リクエスト作成者が指定した場合)。

利用できる質問の種類

リクエストに追加できるフィールドタイプは7つあります

  • 短い回答:1行の回答フィールド

  • パラグラフ:複数行の回答フィールド。

  • ドロップダウン:ドロップダウンリスト、ユーザーはリストから1つのオプションを選択できます。

  • チェックボックス:チェックリスト、ユーザーはリストから1つまたは複数のオプションを選択できます。

  • 日付フィールド:カレンダー選択、ユーザーは日付を選択します。

  • アップロード:ユーザーは添付ファイルをアップロードできます。

  • 重要度フィールド:ユーザーはタスクの重要度を設定できます (タスクリクエストフォームでのみ利用可能)。

  • ユーザー:すべての有効なアカウントユーザーのリストからオプションを選択できます。

    補足事項

    ユーザーの質問は外部リクエストフォームに追加できません。 このような質問を含む外部用のフォームを作成すると、ユーザーの質問はすべて自動的に削除されます。

フィールドに加えて、セクションヘッダーをリクエストフォームに追加してフォームを構成することができます。

使用事例

プロセスオーナーの場合:リクエストは導入するワークフローを簡素化し、リクエストシステムに構成を追加します。 リクエストを送信するユーザーの場合:リクエストはリクエストプロセスを明確にし、リクエストは確実に適切な場所に追加され、リクエストが失われる可能性を減らします。

ここでは、リクエストがチームに役立つ方法の例をいくつか紹介します。

  • マーケティング向け:クリエイティブな資料、ブログの投稿、または1ページにまとめた文書を求めるリクエストを作成します。

  • IT向け:ソフトウェアの問題を報告、または会社のソフトウェアへのアクセスを要求するための新規ハードウェアに対するリクエストを作成します。

  • 人事向け:新入社員のデスクの配置、新規求人、または求職者の照会のためのリクエストを作成します。

  • 開発者向け:バグレポート、新製品の機能、または技術面のサポートを求めるリクエストを作成します。

トップ