すべての記事

Gmail用Wrike(Gmailアドオン)での作業

テーブル 53. 利用可能 - 従来のプラン


概要

全アカウントタイプの全ユーザーが、Gmail用Wrike(Gmailアドオン)を利用できます。

メールからタスクを作成する

アドオンを使用して作成したタスクは、自動的に共有されたアイテムセクションに追加されます。

  1. メールをGmailで開きます。

  2. Wrikeアドオンを開きます。

  3. タスクをメールから作成を選択します。

  4. アカウントが複数ある場合、タスクを作成するアカウントを選択します。

タスクが作成され、タスクの説明に次の内容が記載されます:

  • メール送信者、メール送信日時に関する情報。

  • メール本文のテキスト。

タスクを修正する

  1. Wrikeの通知メール(またはタスクに変換したメール)をクリックします。

  2. Wrikeアドオンを開きます。

  3. タイトルを編集します。

編集内容はWrikeの全バージョンと直ちに同期化されます。

ここから実行できること:

  • タスクのステータスを完了に変更する(または有効に戻す)。

  • 自分自身を担当者として追加または削除する。

  • コメントを追加する(@メンションは現在サポートされていません)。

  • タスクをフォルダー/プロジェクトに追加する。

タスクのデータを表示する

アドオンでは次の内容を表示できます:

  • タスクのタイトル

  • タスクの説明

  • タスクの期限

  • タスクのステータス

  • タスクの添付ファイル

  • 担当者

  • コメント

メールをコメントとして追加する。

メールをコメントとして追加できるのは、そのメールがタスクの作成元と同じスレッドの一部である場合のみです。

  1. タスクに変換したメールをクリックします。

  2. Wrikeアドオンを開きます。

  3. メールをコメントとして追加をクリックします。

メール本文のテキストが、メールの送信者、送信日時に関する情報とともにタスクにコメントとして追加されます。

トップ