すべての記事

ガントチャートでの並べ替え

テーブル 24. 利用可能

Free

Professional

Business

Enterprise


概要

ガントチャートにはデフォルトの分類順(フォルダーおよびスペースはガントの手動での順序付け、プロジェクトはカスケード分類)がありますが、自分(およびチーム)のニーズに合わせてタスクの並べ替え方法をカスタマイズすることもできます。

カスケード分類(先行タスク順)

ガントチャートでプロジェクトをデフォルトで開くと、タスク、フォルダー、プロジェクトにカスケード分類が適用されます。 ガントチャート上のタスク、フォルダー、またはプロジェクトの縦の位置付け(画面の上部からの距離)は、以下のカスケード分類のルールによって決定されます:

  • プロジェクトは日付順に並べ替えられます。 開始日が早いプロジェクトは、他のフォルダーやプロジェクトよりも画面の上部に表示されます。

  • フォルダーは、最も早いタスクの開始日で昇順に並べ替えられます。 開始日が早いタスクを含むフォルダーは、他のフォルダーやプロジェクトよりも画面の上部に表示されます。

  • 日付やスケジュール設定済みのタスクがないプロジェクト、およびスケジュール設定済みのタスクがないフォルダーは英数字順に並べ替えられ、他のすべてのプロジェクトおよびフォルダーの下に一覧表示されます。

  • サブフォルダーおよびサブプロジェクトは、親フォルダーまたはプロジェクトの直下に一覧表示されます。

  • フォルダーまたはプロジェクト内では、依存関係のあるタスクが最初に表示され、次に開始日に基づいてタスクが一覧表示されます。

  • 開始日が同じタスクが複数ある場合は、期間の短いタスクが最初に表示されます。 開始日と期間が同じ複数のタスク(またはタスクを含む依存関係チェーン)がある場合は、英数字順に並べ替えられます。

ガントの手動での順序付け

ガントチャートで項目の順序を手動で変更すると、この並べ替えはガントの手動順序付けタイトルの下に保存されます。 いつでもこの並べ替えに戻すことができます。

タイムライン上のタスクは、テーブル上のタスクの順序にならって表示されます。 テーブル上のタスクを再配置すると、タイムライン上のタスクも新しい順序に合わせて左右に移動します。

タイムライン上のタスクの順序を変更する:

  1. タイムラインのタスクバーをクリックしたままにします。

  2. そのタスクを適切な場所まで移動します。

  3. マウスを離します。

このようにして、1つの場所にあるタスクの順序を変更したり、1つのビュー内の別のフォルダーやプロジェクトに項目を移動したりできます。

テーブルからタスクを再配置する:

  1. ビューのテーブル部分でタスクの行番号をクリックしたままにします。

  2. タスクをテーブルの適切な場所まで移動させます。

  3. マウスを離します。

ヒント

タスクの範囲を選択するには、最初のタスクの行をクリックし、キーボードのShiftを押しながら最後に選択するタスクの行をクリックします。 範囲を選択したら、1つのタスクと同じようにドラッグ&ドロップできます。

並べ替え順序を変更する

  1. テーブル上で適用された並べ替えオプションをクリックします。

  2. 適用する並べ替えオプションを選択します。

タスク、フォルダー、プロジェクトは、以下の項目で並べ替えることができます。

  • 優先度

  • 期限

  • ステータス

  • タイトル

  • 先行タスク

  • ガントの手動での順序付け

補足事項

列のタイトルをクリックすると、この列の値での昇順の並べ替えが適用されます。 同じタイトルをもう一度クリックすると、降順に並べ替えられます。

トップ