すべての記事

Microsoft Teams

WrikeをMicrosoft Teamsで使用するには、Teamsを含むOffice 365アカウントが必要です。 Microsoft Teams用Wrikeは、すべてのWrikeアカウントとすべてのWrikeユーザータイプ(コラボレーターを含む)で利用できます。

概要

WrikeのMicrosoft Teams統合を使用して、 タスク、フォルダー、プロジェクトをMS Teamのチャンネルから直接表示して作業します。 WrikeアカウントをMS Teamsにリンクしてから、個々のフォルダー/プロジェクトをチャンネルに追加できます。 そのフォルダー/プロジェクトは、あなたのWrikeアカウントの一部であり、チャンネルにアクセスできるすべての人と共有されます。

リストビューでタスクを表示し、タスクをクリックして編集します。 タスクはガントチャートでも表示できます。

重要な情報

  • Microsoft Teamsの1つのOffice 365ディレクトリに、複数のWrikeアカウント関連付けることができます。
  • Wrikeタブはプライベートおよびパブリックのチャンネルに追加できますが、ダイレクトメッセージには追加できません。
  • WrikeアカウントからMS Teamsチャネルにフォルダーまたはプロジェクトを追加すると、そのフォルダ―/プロジェクトはそのチャネルの全員と共有されますが、表示されるのはこの特定のWrikeアカウントのメンバーのみです(彼らがそれにアクセスできる場合)。
  • WrikeのFreeアカウントをMS Teamsから作成すると、タスクをTeams内のガントチャートに表示できます。 ただし、MS Teamを介して作成されていないアカウントでガントチャートを表示するには、Professionalアカウント以上が必要です。
  • Wrikeからログアウトすると、MS Teams用Wrikeから自動的にログアウトされます。

Microsoft TeamsにおけるWrikeの仕組み

Microsoft Teamsのチャンネルにフォルダーおよびプロジェクトをタブとして追加できます。 フォルダー/プロジェクトを追加したら、あなた (およびOffice 365ディレクトリとそのチャネルへのアクセスに関連付けられた1つのWrikeアカウント内のすべての人) は、次の操作を実行できます:

  • リストのそのフォルダー/ プロジェクトから全タスク (全状況) を表示したり、ガントチャートに有効なタスクを表示できます *。リストビューから、フィルターアイコンをクリックして有効なタスクのみを表示します。
  • 新規のタスクおよびサブタスクを作成します。
  • 重要なタスクの詳細 (説明フィールドの情報を含む) を編集します。
  • コメントを表示し追加して、同僚を@メンションします。
  • タスク、またはフォルダー/プロジェクトを別のユーザーと共有します。
  • タスクをリストビューにドラッグ&ドロップして、その優先度を変更します。MS Teamsのタスクの順序はWrikeのデスクトップバージョンの優先度リストビューに同期化されます。
  • 既存の添付ファイルをダウンロードします。
  • タスクを削除します。

*MS Teamsのガントチャートは自動更新されますが、表示のみです。タスクをTeamのガントチャートからスケジュール変更できません。

Wrike新規アカウントを作成

対応する権限を持つすべてのMicrosoft Teamsユーザーは、MS Teamsを通じてWrikeアカウントを作成できます。1つのMS Teamsディレクトリに複数のWrikeアカウントを作成できます。

新規Wrikeアカウントを作成するには、まずOffice 365の管理者がTeamsにタブを追加するオプションを有効にする必要があります。

  1. Office 365管理者センターのMicrosoft Teams設定ページのアプリセクションに進みます。
  2. 「外部アプリをMicrosoft Teamsで許可する」において、トグルをオンにします。
  3. 「保存」をクリックします。

これで、MS TeamsからWrike新規アカウントを作成できます。

  1. Microsoft Teamsを起動します。
  2. チャンネルから、「+」アイコンをクリックして新規タブを追加します。
  3. 「Wrike」を選択します。
  4. 「承認」をクリックします。
  5. 「Wrikeに接続」をクリックします。
  6. 「承認」をクリックします。
  7. メールアドレス、名前、電話番号、役職を入力します。
    • 入力したEメールがMS TeamsのEメールと同じ場合、アカウントは自動的に確認されます。
    • 別のアドレスを入力した場合は、確認のEメールを受信します。そのメールの指示に従って、WrikeのFreeアカウントの作成を完了してください。
  8. Wrikeアカウントのパスワードを設定します。
  9. 「保存」をクリックします。

完了すると、新規に作成したプロジェクトがMS Teamsの指定タブからアクセス可能になります。最大15人までWrikeアカウントに加入でき、いつでもアップグレード可能です。

既存のWrikeアカウントをリンク

すべてのユーザーが、既存のWrikeアカウントをMicrosoft Teamsにリンクすることができます。

  1. Microsoft Teamsを開きます。
  2. 「ストア」を左の列から選択します。
  3. ストアの検索バーでWrikeを検索します。
  4. 「Wrike」を選択します。
  5. インストールすべき対象を選択します。
    • Wrikeのメッセージングアプリ、およびパーソナルタブを自身でインストールするには、「自身用に追加」を選択します。
    • チーム全体がWrikeをMS Teamsで使えるようする場合は、「チームに追加する」を選択します。*
  6. MS Teamsとリンクするには、Wrikeチームを選択する必要があります。
  7. 最初に、開きたい機能 (個人専用タブまたはメッセージングアプリ) を選択してから、「開く」をクリックします。
    • 「アプリ」をクリックすると、個人専用アプリに進み、チームに加わるよう促されます。インストールフローに従います。
    • 「メッセージング」をクリックすると、 Compose拡張機能に進みます。ログインしてから拡張機能を使用する必要があります。

*注記:あなたのチーム用にインストールすると、チームはWrikeをMS Teams上で使用し、メッセージングアプリを追加できますが、それを使用するにはチームが個人専用タブをインストールする必要があります。

WrikeアカウントがOffice 365にリンクされる場合:

Wrikeアカウントを持っていることをシステムが自動的に認識し、既存のプロジェクト/フォルダーを選択するか、新規に作成するかを選択するよう促されます。
これで、選択 (または作成) したフォルダー/プロジェクトに、MS Teamで選択したチャンネルからアクセスできるようになります。

WrikeアカウントがOffice 365にリンクされていない場合:

  1. 「既に所有しているWrikeアカウントからプロジェクトを選択する」をクリックします。
  2. WrikeのEメールおよびパスワードを入力します。
  3. 既存のプロジェクト/フォルダーを選択するか、新規で作成します。

選択 (または作成) するフォルダー/プロジェクトは現在、Microsoft Teamsの指定チャンネルからアクセスできます。

チームメイトをアカウントに招待

Wrikeアカウントが作成され、MS Teamsにリンクされたら、そのアカウントにチームメイトを招待して一緒に作業を始めることができます。Wrike内からのみユーザーを招待できることに注意してください。

  1. Wrikeを開きます。
  2. プロフィール画像をクリックし、表示されるリストから「アカウント管理」を選択します。
  3. 初期設定ではユーザータブが開きます。
  4. 「新規ユーザーを追加」をクリックします。
  5. 開いているポップアップから:
    • Wrikeアカウントに招待したい人のメールアドレスを入力します。
    • 招待するユーザーのライセンスタイプを選択します。
  6. 「ユーザーを招待」をクリックします。

チームメイトが招待を受理すると、あなたのWrikeアカウントの一員となります。

個人専用アプリを追加

個人専用アプリを使用したいユーザーはそれを有効化する必要があります。

  1. Microsoft Teamsを開きます。
  2. 「ストア」を左の列から選択します。
  3. 左側のストアの検索バーでWrikeを検索します。
  4. 「Wrike」を選択します。
  5. 「チームに追加する」オプションのチェックを外します(「自身に追加する」オプションにはチェックをいれたままにします)。
  6. 「インストール」をクリックします。
  7. 「アプリ」の横の「開く」をクリックします。
  8. 「チームに加入する」をクリックします。
  9. 表示されるポップアップで「既にWrikeアカウントを持っています」を選択します。
  10. Wrikeアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。

個人専用タブが開き、作業のモニタリングを開始できます。

フォルダー/プロジェクトをTeamのチャンネルに追加する

Microsoft TeamsからWrikeアカウントを作成、または既存のWrikeアカウントをリンクすると、フォルダー/プロジェクトを別のチャンネルに追加できます。

  1. フォルダー/プロジェクトを追加したいチャンネルを開きます。
  2. 「+」アイコンをクリックします。
  3. Microsoft Teamsからアクセスしたいフォルダーまたはプロジェクトを選択します。

選択済みフォルダー/プロジェクト用の新規タブが追加され、選択済みチャンネルにアクセスする全員がWrikeフォルダー/プロジェクトにアクセスできます。

このフォルダー/プロジェクトは、Wrikeアカウントの一員であるユーザーのみが使用できます。

メッセージングアプリ

仕組み

Microsoft TeamsのWrikeメッセージングアプリを使用して、チャンネルおよびダイレクトメッセージ会話のタブにタスクプレビューを作成します。

タスクプレビューには、タスクのタイトル、タスクの状況、タスクがあるフォルダー/プロジェクト、およびWrikeでタスクを開くためのリンクが含まれます。

タスクプレビューを追加

チャンネルの会話タブまたはダイレクトメッセージから:

  1. 「…」オプションを選択します。
  2. 「Wrike」を選択します。
  3. プレビューを作成したいタスクを検索します。
  4. メッセージを送信します。

個人専用アプリ

仕組み

個人専用タブに表示される項目:

  • あなたが作成したタスク。
  • あなたに指名されたタスク。
  • MS Teamsのタブとして追加されたプロジェクト。

個人専用タブから

個人専用タブでは次のことができます:

  • タスクをクリックして、それをオーバーレイで開きます。
  • 重要なタスク詳細を編集します。
  • タスクを列内にドラッグ&ドロップして、それらを並べ替えます。
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ