すべての記事

AIによるプロジェクトのリスク予測

テーブル 68. 利用可能 - 従来のプラン

Free

Professional

Business

Enterprise

テーブル 68. 利用可能


AIによるプロジェクトのリスク予測は、Business以上のアカウントで利用でき、Wrike Labsから個々のWrikeアカウントの任意のユーザーにより有効化できます。 これは実験的な機能であるため、不具合が含まれていたり、変更の対象となったり、いつでも提供を停止される可能性があります。 このベータ機能に対するフィードバックがある場合は、Wrike Labsで提供されているフィードバック用のリンクを利用してご意見をお寄せください。

概要

AIによるプロジェクトのリスク予測では、プロジェクトを監視して、締め切りに間に合わない可能性のあるリスクを探し、リスクレベル(低、中、高)を割り当てます。 今後、AI予測が前バージョンのプロジェクトの状態計算(色分け)から置き換わる予定です 。 これらの予測は、プロジェクト情報パネルのプロジェクトの進捗ウィンドウ、テーブルビュー、プロジェクトダッシュボードウィジェット、およびプロジェクトベースのレポートに表示されます。

プロジェクトのリスク評価では、以下のような多くの要素が考慮されます:

  • プロジェクトの複雑さ(タスク、サブタスク、サブフォルダー、サブプロジェクトの数およびそれらの構造)

  • 完了済みタスクと期限切れタスクの数

  • 担当者の数

  • タスクの活動

  • オーナーの以前のプロジェクト(期限内に完了しなかった場合、予測されるリスクが増大する可能性があります)

補足事項

プロジェクトのリスク情報は、Wrikeの自動化エンジンを介してユーザーと共有することもできます。

重要な情報

リスクの予測を得るには、次の作業が必要です

以前は、プロジェクトの状態は単純な計算に基づいていました。 AIによるプロジェクトのリスク予測を使用すると、機械学習アプローチによって、プロジェクトに関連する現在および過去の多数の要因に基づいて、より包括的なリスク推定を行うことができます。

プロジェクトの進捗状況(パーセンテージ)の評価は同じままであることに注意してください。 色分けはプロジェクトベースです。 すべてのユーザーには、以前のプロジェクトの状態ステータスか、またはリスク評価付きの新規バージョン(プロジェクトで有効になっている場合)のどちらかが表示されます。

AIがリスクを検出すると、プロジェクトの進捗ウィンドウにリスクの概要が1〜3件表示されるため、これらの潜在的な問題の原因を調べて対処できます。 (たとえば、12件のタスクが期限切れであることを通知します。 )

AIrisk.png

プロジェクトのリスクを理解する

プロジェクトのリスク予測は、次の項目についてのみ取得できます:

  • 自分が所有しているプロジェクト、またはこの機能を有効にしたアカウントのオーナーのプロジェクト。

  • 期間、開始日、終了日などのリスク計算を可能にする基準を含む有効なプロジェクト(サブプロジェクトとタスクに開始日と終了日を設定する必要はありません)。

  • プロジェクトの進捗が有効になっているプロジェクト

プロジェクトの詳細がより正確で最新であるほど(開始日と終了日、ステータス、プロジェクトのタスク情報など)、リスク予測はより正確になります。 プロジェクトのリスクは、プロジェクトまたはプロジェクトに含まれるタスクに変更を加えるたびに計算され、数秒後に表示されます。

これらの基準を満たさないプロジェクトは 未評価と表示され、灰色でマークされます。

プロジェクトのリスク予測は、レベル(低、中、高)と、プロジェクトの状態ウィンドウに表示される対応する色で構成されます。

  • 低リスク - 緑

  • 中リスク - 黄

  • 高リスク - 赤

トップ