すべての記事

Wrike Resourceの概要

Wrike Resourceの機能は、Wrike for Professional Servicesアカウントでご利用いただけます。 Business/Enterpriseのアカウントは、Wrike Resourceをアドオンとして購入できます。 アカウントのオーナーは、アカウント管理セクションからWrike Resourceアドオンの14日間無料トライアルをスタートすることができます。

有効化されると、正規/外部ユーザーはWrike Resourceに搭載されている機能を使用することができます。

⏱ 1分で読めます

概要

Wrike Resourceのセット一式:

Wrike Resourceを始める

ステップ1。作業量を実際に完了する必要がある全タスクの 作業量を指定します。

その指定にはいくつかの作業がありますが、最適な方法を選択してください。

ステップ2。ジョブロールを作成して従業員に指名します。 次に、タスクをジョブロールに指定して完了に必要なスキルを定義します。

ステップ3。管理が必要なキャパシティがあるチームごとに作業負荷チャートを作成します。

作業負荷チャートには作業量があるスケジュール済タスクのすべてが表示されます、それらはタイムラインでチームメンバーに指名されます。 タスクの作成、タスクのスケジュール変更、タスクの再割り当て、チャートから直接の作業量編集、プロジェクトに従ったタスクのグループ分けを行うことができます。

ステップ4。作業負荷チャート用にバックログボックスを設定します。

バックログボックスとは、指名やスケジュール作成を待機しているタスクの場所です。 それは様々なタスクの属性に基づいて設定できます、例えば、特定の状況にあるタスクだけを表示することが可能です。

ステップ5。作業負荷チャートをチームメートと共有します。

作業負荷チャートの作成や設定後には、それをチームメートと共有できます。 必要に応じて、チャートを共有しているユーザーおよびユーザーグループ用にアクセスロールを設定することができます。

作業負荷チャートを共有する場合、そのベースであるフォルダーはユーザーやグループと自動共有されないことに注意してください。

ステップ6。タイムシートで作業時間を追跡

タイムシートは、従業員が週当たりで完了した全作業を表示および追跡するのに役立ちます。 さらに請求可能時間の設定は、作業時間エントリを請求可能または請求不可能として自動的にマークします。 ユーザーは他のタイムシートを審査してタイムログビューでタイムエントリをロックし、それらが編集されるのを防ぐこともできます。

ステップ7。チームの利用状況をチェック

チームの利用状況レポートテンプレートでは、従業員のキャパシティの利用状況、請求可能タスクに費やされている時間の率の全体像を把握することができます。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ