[Wrikeから]ゴーストタグについて (サブタスクが使用するタグ機能)

ゴーストタグについて
 
【前置き】
サブタスクは作成されると、自動的にその親タスクに付随されます。 デフォルトでは、サブタスクはタスク内に存在するため、親のフォルダまたはプロジェクトに 直接追加されることはありません。 
 
ゴーストタグとは
サブタスクにはまれに「ゴースト・タグ」と呼ばれる、色が薄くなったように見えるタグがついて いる現象がみられます。
ゴーストタグの意図は、情報提供にあります: それは、親タスクが存在するフォルダー/プロジェクトを示すことです。 (サブタスクに複数の親タスクがある場合、親タスクが含まれるフォルダー/プロジェクトごとに ゴーストタグがあります。) 
 
 
ゴースト・タグの削除
 
ゴーストタグは純粋に情報提供のため存在しており、そのため自動的に追加されるため、 直接削除する方法はありません。 ただし、以下の手順を通してサブタスクの場所を変更し、その親から切り離すことができます。
  1. サブタスクに現在の(または別の)フォルダー/プロジェクトに追加します: タスク名の下部にある「+」をクリックし、新たなタグの追加を通して新しい場所を選択する。
  2. ステップ1によりサブタスクの(親タスクを除いた)居場所が決まったら、リストビューで 該当サブタスクを右クリックし、[親から分離]を選択する。
 
上記手順の通り進めば、このサブタスクは、タグを付けたフォルダー内の自立することに なります。 
 
 
ゴーストタグ→通常タグへの変換
 
ゴースト・タグは通常のタグへ変換が可能です。 これを行うと、サブタスクは特定のフォルダーまたはプロジェクトに直接追加されます(従って、サブタスクは その親タスクの配下とそのフォルダー/プロジェクト内に同時に存在します)。
これにより、設定したフィルタリング基準に関係なく、それぞれのフォルダーとプロジェクトの下にサブタスクを表示 することができます(また、ボードビューにサブタスクが反映されるようになります)。 サブタスクに直接タグを付けると、親タスクとサブタスクの属性が異なる場合(期日など)に役に立ち、 特定のフィルターセットを追加すると、親タスクとサブタスクが別々に表示されます。
 
以下の手順を通して、ゴースト・タグを通常タグ(=フォルダ・タグ)に変換できます:
  1. サブタスク名の下にあるゴーストタグの右に並ぶ「+」をクリックします。
  2. フォルダの名前(ゴーストタグに表示されている名前)の検索し、リストから選択します。
これによりゴースト・タグはグレー表示(または指定の色薄)でなくなり、同時に通常のタグに変換されたこと を意味します。 
 

Edgardo Palma Community Team at Wrike Wrike Product Manager Learn about Wrike’s killer features and best practices with our Online Training Webinars

Edgardo Palma Wrike Team member Learn about Wrike’s killer features and best practices with our Online Training Webinars

0
0件のコメント

Can you help? Answer the question and work your way towards becoming a Wrike Ninja 🥋 Sign in and answer.

サインインしてコメントを残してください。

Folllowing List for Post: [Wrikeから]ゴーストタグについて (サブタスクが使用するタグ機能)
[this list is visible for admins and agents only]

トップ
Didn’t find what you were looking for? Write new post