すべての記事

ワークテンプレート

テーブル 171. 利用可能 - 従来のプラン


概要

重要

この実験的な機能は、2022年4月13日までWrike Labsで利用可能でした。現在は開発中です。

それ以前にワークテンプレートが有効になっていたアカウントでは、ユーザーは既存のワークテンプレートを引き続き利用できます。 これらのアカウントのオーナーと管理者は、Labsでワークテンプレートを無効にすることができますが、この機能を再度有効にすることはできません。

ワークテンプレート機能を使用すると、通常のプロジェクトやタスクに基づいて、完全にカスタマイズ可能なテンプレートを作成できます。 これらのテンプレートは、組織全体または特定の部門やチームのニーズに合わせてカスタマイズすることができます。 日付、担当者、場所、ワークフローの設定、表示するカスタムフィールドの選択などを行い、OKR、ユーザーストーリー、バグ、リクエストといった分野固有のワークテンプレートを作成できます。 ワークテンプレートは、アカウントユーザーが今後の作業で使用できます。

ヒント

Wrikeには、作業項目の作成にどのワークテンプレートを使用したかに関する情報が保存されます。 この情報は、フィルターで利用できます。使用したテンプレートフィルターを適用して、作業スペース内の作業をソートできます。 このフィルターは、レポート、テーブルビュー、ガントチャート、ボードビュー、ダッシュボードでも使用できます。 この情報は、アカウントのすべてのユーザー(コラボレーターを含む)が使用できます。

ワークテンプレートの使用方法は2通りあります:

  • アカウントレベルのワークテンプレート:アカウントのすべてのユーザー(コラボレーターを除く)は、これらのテンプレートから作業項目を作成できます。 テンプレートはライブラリに保存され、アカウントオーナーおよび管理者はホームページから開くことができます。 組織全体に関連し、ほとんどのユーザーがアクセスする必要がある場合は、アカウントレベルで新規のテンプレートを作成します。

  • スペースレベルのワークテンプレート:チームや部門のスペースを管理している場合は、チームの特定のニーズに合わせたスペースレベルのワークテンプレートを作成できます。 このようなテンプレートを作成すると、コラボレーターを除くすべてのスペースメンバーが自動的に使用できるようになります。 また、これらのテンプレートは、スペースに所属していないアカウントの他のユーザーからはアクセスできません。

補足事項

ロック済みスペースでは、ワークテンプレートは使用できません。

ワークテンプレートを編集、削除、復元する

アカウントオーナーおよび管理者は、共有中の既存のアカウントレベルのワークテンプレートを管理できます。 スペース管理者は、自分のスペースで既存のスペースレベルのワークテンプレートを管理できます。

補足事項

Enterprise Pinnacleアカウントでは、ユーザータイプの設定により、この機能を使用できるユーザーのタイプが異なる場合があります。

  1. 管理するアカウントまたはスペースのテンプレートギャラリーに移動します。

  2. ワークテンプレートを編集する手順:

    1. 該当するテンプレートをクリックします。

    2. テンプレートエディターで必要な調整を行います。

    3. アカウントレベルのテンプレートへの更新は自動的に保存されます。

  3. テンプレートを削除する手順:

    1. 該当するテンプレートにカーソルを合わせます。

    2. 右下隅に表示されているゴミ箱アイコンをクリックします。

    3. 表示されるポップアップで削除をクリックして、決定を確定します。

テンプレートを復元する手順:

  1. ゴミ箱に移動します。

  2. 該当するテンプレートを見つけてクリックします。

  3. 復元ボタンをクリックします。

ワークテンプレートを共有する

アカウントオーナーと管理者は、共有中のアカウントレベルのワークテンプレートの共有設定を管理できます。 注:スペースレベルのワークテンプレートは、自動的にすべてのスペースメンバーに共有され、変更することはできません。

アカウントレベルのワークテンプレートを作成する場合、自動的に自分およびマイチームのユーザーグループと共有され、外部ユーザーが自動的にテンプレートにアクセスすることはありません。 あなたまたはテンプレートが共有されている他のアカウント管理者は、共有設定を変更することができます。

Work_Templates_-_Share_Template.png
  1. ホームページで、右側のパネルのワークテンプレートセクションを選択します。 または、ローンチパッドからワークテンプレートを選択します。

  2. テンプレートライブラリで関連するテンプレートをクリックするか、新規テンプレートを作成します。

  3. 左上のテンプレートタイトルの下にある、共有メニューボタンをクリックします。 1

  4. 開くポップアップでは、以下このことを実行できます:

    1. 一部のユーザーまたはユーザーグループを削除して、テンプレートの共有を解除できます。 実行するには、相手の名前の上にカーソルを置き、右側に表示されるXボタン2をクリックします。 注:テンプレートを作成したユーザーから共有を解除することはできません。

    2. ユーザーを追加して、テンプレートを共有できます。 実行するには、ポップアップの上部にあるフィールド 3 で、該当するユーザーまたはユーザーグループを探し、クリックします。

  5. 保存をクリックします。 4

ワークテンプレートをユーザーと共有した場合、ユーザーがコラボレーターでない限り、ユーザーはそのテンプレートから作業項目を作成することができます。 テンプレートがアカウントオーナーまたは管理者と共有中の場合、テンプレートから作業項目を作成するだけでなく、テンプレートの編集・削除も可能です。

ワークテンプレートの推奨候補を管理する

アカウントオーナーおよび管理者は、共有中の既存のアカウントレベルワークテンプレートの表示設定を管理できます。 スペース管理者は、自分のスペースで既存のスペースレベルワークテンプレートの表示設定を管理できます。

補足事項

Enterprise Pinnacleアカウントでは、ユーザータイプの設定により、この機能を使用できるユーザーのタイプが異なる場合があります。

コンテキスト作成で一部のテンプレートを表示するように設定したり、作業スペース上部の大きな+ボタンの下に配置したりして、ユーザーがこれらのテンプレートに素早くアクセスできるようにすることが可能です。 これにより、ユーザーが新規のタスク、プロジェクト、フォルダーを作成すると、リスト内の推奨テンプレートが表示され、そのいずれかをクリックするだけで、そこから作業を作成できます。 その他のワークテンプレートも引き続き使用できますが、作業項目を作成する前に、対応する検索フィールドを使用してテンプレートを見つける必要があります。

クイックアクセスメニューを調整する手順:

Work_Templates_-_Manage_Suggestions.png
  1. 関連する場所(スペース、フォルダー、プロジェクト)に移動します。

  2. 作業スペースの上部にある+ボタンをクリックします。 1 または、リストビューかテーブルビューで項目ボタン 2 をクリックし、右側に表示される青いタスクドロップダウンをクリックします。

  3. メニューをカスタマイズを選択します。 3

  4. 該当するテンプレートの横にあるトグルボタンをクリックします。 4 トグルボタンが白の場合はテンプレートがクイックメニューに表示されないことを意味し、青の場合はテンプレートが表示されることを意味します。 トグルボタンがグレーアウトしている場合は、すでにスペース全体に推奨提案が設定されており、現在の場所からは変更できません。

  5. 最下部の戻るをクリックします。 5

スペース内で直接推奨テンプレートの候補を調整した場合、そのスペース内にあるすべてのフォルダーやプロジェクトで選択した推奨テンプレートがユーザーに表示されます。 これを変更する場合は、関連するフォルダー/プロジェクトに移動し、それらの推奨テンプレートを個別に変更できます。

フォルダーまたはプロジェクト内にいる場合、選択された推奨候補は、そのフォルダーまたはプロジェクト内のユーザーにのみ表示され、一般的なスペースの候補がある場合はそれも一緒に表示されます。

補足事項

ホームページやレポートビューを表示しているときなど、どの場所にもいない状態で+ボタンメニューを調整すると、推奨提案の設定は個人専用スペースにのみ適用されます。

ワークテンプレートを使用して作業項目を作成する

すべてのユーザー(コラボレーターを除く)は、共有中のアカウントレベルのワークテンプレートから作業項目を作成することができます。 コラボレーターを除くすべてのスペースメンバーは、スペースレベルのテンプレートから作業を作成できます。

補足事項

アカウントレベルのワークテンプレートから外部ユーザーが作業項目を作成できるようにするには、アカウントの管理者またはオーナーがテンプレートを外部ユーザーと共有する必要があります。

どのフォルダー、プロジェクト、スペースにいても、作業スペース上部の大きな+ボタンを使用することで、実際のワークテンプレートを作成できます。

Work_Templates_-_Create_Work_Items.png
  1. 作業スペースの上部にある+ボタンをクリックします。 1

  2. 作業を作成するテンプレートをクリックします。 2 テンプレートが表示されない場合は、 テンプレートまたはブループリントを検索フィールド 3 にテンプレートのタイトルを入力し、表示されたテンプレートをクリックします。

  3. タイトルを入力します。 4

  4. 作成をクリックします。 5

  5. また、続けてもう一つ追加ボックスをチェックすると、作成ダイアログを閉じることなく、同じテンプレートから次の作業項目を作成できます。

補足事項

ホームページで+ボタンを使用してワークテンプレートから作業項目を作成する場合、作業項目は個人専用スペースに作成されます。

また、リストビューおよびテーブルビューで [コンテキスト作成] を使用して、ワークテンプレートから作業項目を作成することもできます。

Work_Templates_-_Create_Work_Item_in_List.png
  1. リストビューのフォルダー、プロジェクト、またはスペースを開きます。 1

  2. 項目ボタン 2 をクリックし、右側に表示される青いタスクドロップダウン 3 をクリックします。

  3. 該当するテンプレートを選択します。 4 必要なテンプレートが表示されない場合は、ダイアログ上部の テンプレートまたはブループリントを検索フィールドを使用して検索します。

テーブルビューの場合も同様の手順を行います:

Work_Templates_-_Create_Work_Item_in_Table.png

ヒント

また、リクエストフォームを設定して、ワークテンプレートから項目を作成することもできます。 つまり、ユーザーがリクエストを送信すると、Wrikeのタスク/サブタスクまたはプロジェクトがワークテンプレートから作成されます。

さらに、アカウントオーナーおよび管理者、スペース管理者は、それぞれアカウントレベルまたはスペースレベルのワークテンプレートライブラリから直接、ワークテンプレート以外の作業を作成することができます。 そのためには以下のように実行します:

  1. ワークテンプレートライブラリに移動します。

    1. アカウントレベルのテンプレートの場合、あなたがアカウントオーナーまたは管理者である場合:ホーム画面で、右パネルにあるワークテンプレートセクションを選択します。 または、ローンチパッドからワークテンプレートを選択します。

    2. スペースレベルのテンプレートの場合、あなたがスペース管理者の場合:自分のスペースで、右上にある歯車アイコンをクリックして、スペースの設定を開き、ワークテンプレートタブを選択します。

  2. 該当するテンプレートにカーソルを合わせ、表示されるテンプレートを使用ボタンをクリックします。

  3. ポップアップでの作業:

    1. タスク/プロジェクトのタイトルを入力します。

    2. 作成したタスク/プロジェクトを配置する場所を選択します。

    3. 担当者に受信トレイの通知を行う場合は、担当者に通知するボックスにチェックを入れます。

    4. スケジュール変更ボックスにチェックを入れ、別の開始日または終了日を選択します。

  4. 作成をクリックします。

ワークテンプレート機能を無効にする

アカウントのオーナーおよび管理者は、アカウント全体のワークテンプレート機能を無効にできます。 2022年4月13日時点で、無効にしたアカウントの機能を再度有効にすることはできなくなりました。ご注意ください。

  1. Wrike Labsにアクセスします。

  2. 該当するカードの無効にするをクリックして、作業スペースをリフレッシュします。

次のステップ

トップ