すべての記事

Enterprise Standard

概要

Enterprise Standardプランは、2021年7月1日からご利用いただけます。

Enterprise Standardアカウントは、高度なセキュリティオプションや広範な管理オプションを必要とするチームに最適です。 Enterprise Standardのアカウントでは、チームはシングルサインオン、2 段階認証、管理者権限の詳細の指定を使用し、パスワードポリシー設定を管理できます。

ヒント

アカウントのプランタイプを確認するには、[アカウント設定]に移動し、[アカウント情報]を選択します。 プランタイプが他の関連情報とともに一覧表示されます。 外部ユーザーおよびコラボレーターはこの情報にアクセスできないため、アカウント管理者にお問い合わせください。

その他のWrikeアカウントに含まれている機能の詳細な比較については、こちらをご覧ください。

機能

Enterprise Standardプランには、FreeProfessionaBusiness Plusアカウントのユーザーが利用できるすべての機能に加え、以下の機能が含まれます:

SAMLでのシングルサインオン

シングルサインオンにより、チームは別のアカウントを作成することなくWrikeにログインできます。 自社の企業ネットワークにログインするだけで、Wrikeを開くことができます。

Active Directoryとの連携

企業のIDディレクトリを活用して、ユーザーの迅速なログインとWrikeへのアクセスの一元管理を実現します。

2 段階認証

2 段階認証を有効にして、サインインプロセスのセキュリティレベルを強化できます。 2 段階認証を有効にすると、ユーザーはユーザー名およびパスワードの入力後に時間制限付きの認証コードを入力する必要があります。

管理者権限の詳細の指定

管理者権限の詳細の指定を使用して、管理者の役割および責任を戦略的に割り当てることができます。 この機能では、Enterpriseアカウントの管理者に対して、利用可能な管理者権限のすべてまたは一部を付与することができます。

パスワードポリシー設定

パスワードポリシー設定を使用して、パスワードの強度、パスワードの履歴、パスワードの有効期限に関するユーザーのパスワードポリシーを実装します。

ネットワークアクセスポリシー

ネットワークアクセスポリシー設定を使用して、ユーザーがWrikeにアクセスできるIPアドレスを指定します。

アクセスロールのカスタマイズ

アカウントのアクセスロールのカスタマイズ(新規ロールの作成、各ロールに関連付ける権限の決定、ロールの名前変更)を行うことができます。

アクセスレポート

アクセスレポートを使用して、誰が何にアクセスしているのかを追跡し、確実に適切な人/グループと項目が共有されるようにします。

選択的共有

フォルダーやプロジェクトの選択的共有をオンにして、親フォルダーやプロジェクトにアクセスする人に関わらず、そのフォルダーやプロジェクトにアクセスできる人を編集します。

TableauとWrikeとの接続

Tableau Connectorを使用して、Wrikeアカウントからデータを自動的に引き出しいてTableauに連携します。

BI Export

BI Exportでは、アカウントのデータをエクスポートして、将来的にサードパーティの分析ツール(PowerBIやQlikなど)にインポートすることができます。

トップ