すべての記事

Wrikeの自動化エンジン

テーブル 185. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Wrikeの自動化エンジンは、手作業による反復作業の量を減らし、プロセスを高速化し、人為的エラーの発生率を最小限に抑えるためのシンプルなソリューションです。 自動化エンジンを使用すると、すべての作業を自分で処理する代わりに、タスクやプロジェクトのさまざまなアクションをルールベースで自動化することができます。

自動化エンジンは使いやすく、自動化ルールの作成にコーディング経験を必要としません。 ルールは単純な「…の場合、…を実行する」の構造です。 自動化のルールコンストラクターは、3ステップのルール作成プロセスをガイドします。 必要なのは、Wrikeに以下の内容を知らせることだけです:

  • ルールを適用するタスクまたはプロジェクト

  • ルールをトリガーするタイミング — 「...の場合」ステートメント

  • ルールがトリガーされた場合の動作 — 「...を実行する」ステートメント

次に、一般的な自動化ルールの例をいくつか示します:

  • (特定のプロジェクトの)タスクのステータスが「変更待ち」の状態から5日間変更されない場合、担当者に@メンションし、コメントを残します。

  • (特定のスペースの)プロジェクトのステータスが「完了」に変更された場合、プロジェクトを「アーカイブ」フォルダーに移動します。

重要な情報

  • 各アカウントで、最大100の自動化ルールを作成できます。

  • アカウント内で自動化によって実行されるアクションの数には、毎月の上限があります。 Business Plus(および従来のBusiness)アカウントの場合、各有料ユーザーにつき毎月200アクションとなります。 Enterprise Standard(および従来のEnterprise)アカウントの場合、各有料ユーザーにつき毎月1,000アクション、Enterprise Pinnacleアカウントの場合は1,500アクションです。 上限に達すると、すべてのルールが自動的に無効となり、Wrikeが全アカウント管理者にメールで通知します。 また、アカウントの月のアクション上限のうち、トータルで残り50%になった場合と10%になった場合にも、Wrikeは全管理者宛にそれぞれメール通知を送信します。

    ヒント

    各自動化ルールを使用して今月実行されたアクションの数を確認できます。 これを行うには、プロフィール画像をクリックし、設定を選択して、左側のパネルの自動化をクリックします。 アクション、 今月列の下のルールリストに、各ルールに対して実行されたアクション数が表示されます。

  • 各自動化ルールにつき、自動化のトリガーとなる動作(「...の場合」ステートメント)を1つと、自動化で実行されるアクション(「...を実行する」ステートメント)を最大10まで設定できます。

  • 自動化エンジンを介してアクションが実行される場合はいつも、タスク/プロジェクトのストリーム自動化ボットが作成者として表示されます。 アクティビティレポートについても同様です。

  • APIまたは一括処理によってタスク/プロジェクトに変更が加えられた場合は、自動化ルールはトリガーされません。

  • また、タスク/プロジェクトが別の自動化ルールによって変更された場合も、自動化ルールはトリガーされません。

  • 作成したルールが、その条件ではもはや機能しなくなった場合、そのルールは自動的に無効になり、メールで通知されます。

トップ