すべての記事

Wrike Project Syncs

テーブル 198. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Projects Syncsアドオンにより、Wrikeアカウントと7つの統合システム (Jira、Bitbucket、GitLab、GitHub、Azure DevOps、Salesforce、Hubspot)との間で相互同期を設定できます。

Projects Syncsは、Wrikeと接続されたシステムとの間で自動的に新規の情報を転送する、コーディング不要のソリューションです。 このように、更新のためにアプリを切り替えることなく、さまざまなチームが簡単に共同作業を行うことができ、チームメンバーは慣れ親しんだアプリで作業することができます。

補足事項

Projects Syncsアドオンは、WrikeのパートナーであるUnitoの提供です。

仕組み

アカウントでProjects Syncsアドオンを有効にすると、Jira、Bitbucket、GitLab、GitHubなど、利用可能な1つ以上の統合システムとの相互同期を設定できます。 同期は自動的に行われ、更新の頻度を選択できます。 同期はバックグラウンドで実行されるため、作業が中断されることはありません。

各統合システム、同期されるデータ、および同期後に実行できる操作の詳細については、次のページを参照してください:

Project Syncsを有効にして設定する

アカウントオーナーは、WrikeアカウントでProjects Syncsアドオンを有効化できます。

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. ドロップダウンから設定を選択します。

  3. 左側のパネルの利用プランをクリックします。

  4. ページをスクロールしてプロジェクト同期アドオンを探します。

  5. トライアルに追加ボタンをクリックします。

  6. Project Syncsトライアルが有効になったことを示すポップアップがウィンドウの上部に表示されます。

  7. ポップアップの設定に移動をクリックします。 または、プロフィール画像をもう一度クリックして、 アプリ&連携を選択し、左側のProject syncsタブをクリックして設定を開きます。

  8. (オプション)メールに複数のWrikeアカウントが関連付けられている場合は、関連する1つを選択します。

  9. Authorize Wrikeボタンをクリックして、同期ツールにWrikeアカウントへのアクセスを許可します。

  10. 次に、承認をクリックします。

これで、Project Syncsアドオンの準備が整いました。 開いたページでフローを作成ボタンをクリックし、以下のガイドのいずれかを使用して最初の同期を設定できます。

補足事項

最初に試用せずにプロジェクト同期アドオンを購入すると、アカウントで自動的に有効になります。 上記のステップ1~6をスキップして、アプリ&連携プロジェクト同期タブに直接移動して、最初の同期を設定できます。

Project Syncsをナビゲート

管理者はWrikeで既存の同期を確認できます。

既存の同期を検索する手順:

  1. Wrikeアカウントの右上隅にあるプロフィール画像をクリックします。

  2. アプリ&連携を選択します。

  3. 左側のパネルのProject syncsタブをクリックします。

  4. (オプション)メールに複数のWrikeアカウントが関連付けられている場合は、関連する1つを選択します。

補足事項

[Project Syncs]タブが表示されない場合は、まずProject Syncsアドオンを有効にする必要があります。

Wrikeアカウントに設定されているすべての同期のリストが表示されます。 このページから、既存の同期を編集、複製、削除したり、新規の同期を作成したりできます。

よくある質問と回答(FAQ)

Project Syncsにより作成できる同期の数は?

同期はいくつでも作成することができます。

トップ