すべての記事

ゲスト審査

校正およびファイルの承認を含むアカウントの正規ユーザーは、ファイルを審査するゲストユーザーを指名できます。 

概要

Wrikeアカウントを持たないクライアントに対して、タスク、フォルダー、プロジェクトに添付されているファイルの審査を招待します。 彼らはファイルにコメントし、決定を下すだけでなく、WrikeからEメールを通じてコメントに対する応答を受信することもできます。

重要な情報

  • ゲストユーザーは彼らに指名された審査のファイルのみを見ることができます。 彼らはあなたのWrikeデータ(タスク、フォルダー、プロジェクト)にはアクセスしません。
  • あなたは通常の校正コメントへの対応と同様に、ゲストユーザーが追加した校正コメントに対応できます。
  • 審査するゲストユーザーは制限なく招待できますが、400アカウントの招待につき時間あたりの制限があります。
  • ゲスト審査担当者を招待するには、タスクがあるフォルダー/プロジェクトに対して「フル」アクセスできる役割を持つ必要があります。
  • 初期設定では、ゲスト審査は2018年11月15日前に作成されたアカウントでは無効です。 アカウント管理者は、アカウント管理セクションから機能を有効化することができます。

互換性のあるファイルタイプ

ゲスト審査は次に示す、正規審査と同じファイルのタイプに対応します:

  • ローカルストレージからアップロードされた全ファイル。
  • 公開または未公開のYouTubeビデオ。

クラウドストレージサービス(公開/未公開のYouTubeビデオを除く)に保存されているファイルはサポートされていません。

ファイルを審査するゲストユーザーを招待

  1. 添付ファイルを含むタスク、フォルダー、またはプロジェクトを開きます。 審査に追加したいファイルが表示されない場合、「すべてのファイルを表示」をクリックします。
  2. 審査用に追加したい全ファイルの横のボックスにチェックを入れます。
  3. 「ゲスト審査を開始」をクリックします。
  4. ポップアップが開き、次の入力が求められます:
    • ゲストユーザーのメールアドレス(必須)。
    • ゲストユーザー名(オプション、指定するとこの名前はメールアドレスではなく、審査担当者のリストに表示されます)。
  5. 別のゲストユーザーを招待するには、「+次の招待者を追加」をクリックします。
  6. ゲスト審査担当者の詳細設定を適用(オプション):
    • メッセージを入力すると、それはゲストユーザーが審査の招待と同時に受信するEメールの一部になります(オプション)。
    • 「ファイルをダウンロード」ボックスにチェックを入れて、ゲストユーザーがファイルをダウンロードすることを許可します。
    • 「内部コメントを表示」ボックスにチェックを入れて、ゲストユーザーが全コメントを利用できるように設定します。 ボックスにチェックを入れない場合、ゲストユーザーはゲストユーザーのコメントおよびそれらに対する応答のみを見ることができます。
    • ゲストユーザーが審査対象のファイルの全バージョンを見れるようにするには、「ファイルの全バージョンを見る」ボックスにチェックを入れます、チェックを外すとゲストユーザーは最新のバージョンのみを見れます。
    • ゲストユーザーが審査対象のファイルにアクセスすべき期間を選択します。 事前に定義された値のいずれかを選択するか、カスタム日付を設定できます。 初期設定では、アクセスは審査を指名後30日で失効します。
    • パスワードを設定して、保護レベルを一層高めます。 パスワードは必ず4文字以上に設定してください。
  7. ゲストユーザーのいずれかを削除するには、対象者の名前またはEメールにカーソルを合わせて表示されるXをクリックします。
  8. 「招待」をクリックします。

招待に伴う状況:

  • Eメールがステップ5で指定したメールアドレスに送信されます。 このEメールから、ゲスト審査担当者は招待を受諾または拒否できます。 招待を拒否する場合は、更なる確認ページにリダイレクトされます。
  • ゲストユーザーへの審査の招待に関する通知が、活動ストリームに表示されます。
  • ゲストユーザーの汎用アバターが、審査パネルの「ゲスト審査担当者」セクションに表示されます。
  • ゲスト審査の期限を設定することができます。 このファイルが同じタスク内の承認に追加され、フォルダまたはプロジェクトおよび承認に期限がある場合、ゲスト審査に対して異なる期限を設定できないことに注意してください。

ゲストユーザーが招待を受諾または拒否すると、受信トレイ通知を受信します。 ゲストユーザーが受諾する場合、彼らがファイルにコメントを追加したり、決定を下すとメモも活動ストリームに追加されます。

Wrikeのヒント! 🔥 審査をパスワードで保護する場合、異なるチャンネルを使用してパスワードを送信して通信することをお勧めします(例えば、メッセンジャーアプリケーション、またはテキストメッセージ)。 ステップ5の個人用メッセージにはそれを含めないでください。 これはデータの保護に役立ちます。

ゲストユーザーの設定を編集

  1. ファイルを含む必要なタスク、フォルダー、またはプロジェクトを開きます。
  2. 審査パネルのゲストユーザーのアバターをクリックします。
  3. ゲストユーザーが招待を受け入れたかどうかによって、「招待を編集」または「新規招待を送信」をクリックします。
  4. 開いたポップアップでできること:
    • ゲストユーザーの名前を変更
    • 招待状の再送信
    • 別のゲスト審査の設定を編集
  5. 「保存」をクリックします。

ファイルへのアクセスを無効化

ファイルを含むタスク、フォルダー、またはプロジェクトで共有される正規ユーザーはゲストユーザーを審査から削除できます。

ゲストユーザーを審査担当者のリストから削除して、審査対象のファイルへのアクセスを無効化します。 その手順:

  1. ファイルを含むタスク、フォルダー、またはプロジェクトを開きます。
  2. 審査パネルのゲストユーザーのアバターにカーソルを重ねます。 アバターをクリックするとゲストユーザーのメールアドレスおよび名前を見ることができます(それが指定されている場合)。
  3. 表示される「x」をクリックします。
  4. 「削除」をクリックして決定を確定します。

ゲストユーザーはファイルにアクセスしません。

ゲストユーザー全員を一度に削除し、ファイルへのアクセスを無効にするには「ゲスト審査をキャンセル」ボタンをクリックします。

ゲスト審査のセキュリティ設定

Wrike Proofを含むアカウントの管理者はゲスト審査を無効化できます。 Enterpriseアカウントの管理者は、ゲスト審査に対して別の制限を適用することができます。

ゲスト審査を有効化または無効化

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 次に切り替える:
    • セキュリティタブ(Enterpriseアカウントの場合)
    • 設定タブ(その他のアカウントタイプである場合)
  4. 「外部共有ポリシー」セクションまでスクロールします。
  5. 「ゲスト審査担当者を招待」の横のボックスにチェックを入れて、アカウント上でゲスト審査を有効化します。 このボックスのチェックを外して、ゲスト審査を無効化します。
  6. 「変更を保存する」をクリックします。

高度なセキュリティ設定

Enterpriseアカウントの管理者は、ゲスト審査担当者の招待を禁止することに加えて、ゲスト審査を有効化できますが、次に対して制限をきめ細かく適用します:

  • ゲスト審査のパスワード保護を必須にする。
  • ゲスト審査担当者がファイルをダウンロードすることを禁止する。
  • ファイルバージョンの可視性を制限する。
  • アカウントユーザーのコメントをゲスト審査担当者から非表示にする。

制限を適用する:

  1. 作業スペースの右上隅にあるプロフィール画像をクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. セキュリティタブに切り替えます。
  4. 適用したい制限の横のボックスにチェックを入れます。
  5. 「変更を保存する」をクリックします。

さらに詳しく

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ