すべての記事

ユーザー用勤務スケジュール

作業スペースの外観が異なる場合、またはこのページに記載されている手順に従うことができない場合は、新しいWrikeエクスペリエンスが有効になっている可能性があります。詳細については、こちらをご覧ください。

全アカウントタイプの全ユーザー(コラボレーターを含む)が勤務スケジュールを表示できます。 Business以上のアカウントの正規/外部ユーザーは、カレンダーの例外を作成できます。 

⏱ 2分で読めます

概要

勤務スケジュールは就業日および非就業日を管理するのに役立ちます。 勤務スケジュールを使用して次を実行します: 作業スケジュールの確認、別の作業日の指定、休暇やPTOの日数のマーク。

例外を作成する場合:

  • その日付のタスクのスケジュールを作成できない(「週末の作業」のオプションを有効にしていない場合)。
  • 例外では、日付のスケジュールが作成された全タスクが自動的にスケジュール変更されます(期間は保持される)。

重要な情報

  • 管理者だけがアカウントの週労働時間(労働日数としてマークされる各週の日数)を変更できます。
  • コラボレーターは例外を勤務スケジュールに追加できませんが、Business以上の管理者は例外を追加できます。コラボレーターはこれらの例外を見ることはできます。

カレンダーの例外を作成

Business以上のアカウントの正規/外部ユーザーはカレンダーの例外を作成できます。

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. ドロップダウンから「設定」を選択します。
  3. 左側のパネルで「勤務スケジュール」をクリックします。
  4. 日付範囲を選択するか、日付をダブルクリックして単一日の例外を作成します。
  5. カレンダーの例外タイプを選択: 残業時間、休暇/PTO、または他の非就業日。

カレンダーの例外を削除する

Business以上のアカウントの正規/外部ユーザーは、カレンダーの例外を削除できます。

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。
  2. ドロップダウンから「設定」を選択します。
  3. 左側のパネルで「勤務スケジュール」をクリックします。
  4. 削除したい例外がある日付をクリックします。
  5. 「例外を削除」を選択します。

例外の開始日の7日前に、アカウント内の他のユーザーには、プロフィール情報に今後の休暇に関するメモが表示されます。 ただし、コラボレーターにはプロフィール情報を表示できないことに注意してください。

Personal_Profile_-_Contact_Card_Vacation.png

タスクの自動スケジュール変更

Wrikeでは、担当者の勤務スケジュールの非就業日にオーバーラップするタスクを自動的にスケジュール変更します。

スケジュール変更の仕組み: 

  • タスク期間はそのままです(つまり、タスクに割り当てられた時間数)。
  • タスクは今後に合わせてシフトします。 シフトされる日数は非就業日の数により異なります。
  • 今後にスケジュールされている有効なタスクだけがスケジュール変更されます。
  • タスクに指名された人が複数いる場合、タスクのスケジュールが組まれた日付において、タスク日は指名された人全員に非就業日が設定された場合に限りシフトされます。

Wrikeでは、例外を勤務スケジュールに追加する場合に自動スケジュール変更に対して警告します。

注: 「週末の作業」に関して。 タスクを、非就業日を含む全日にまたがるタスクにする場合、「週末に作業する」を有効化できます。

トップ