すべての記事

ステップ 1: 開始

Wrikeの概要

Wrikeは、チームがより良い仕事の成果をより早く達成することを支援するオンライン作業コラボレーションソリューションです。

Wrikeを使用すると、作業をより効率的に管理できます:

  • 最も重要な仕事に集中できる。
  • タスク、ファイル、ディスカッションなどの作業を1つのハブで行うことができる。
  • Eメールやミーティングに費やす時間を短縮できる。

このビデオでは、Wrikeのナビゲーションと主要機能の概要を簡単にご紹介します。

Wrikeの構成要素

スペース、タスク、フォルダー、およびプロジェクト:これらがWrikeの構成要素です。

  • タスクは、完了する必要のある実用的な項目です;コミュニケーション、ブレインストーミング、および作業を行う場所です。
  • フォルダーおよびプロジェクトは、タスクを整理する方法です。
  • プロジェクトには期限、オーナー、および目標があり、フォルダーは作業項目の構造化とタグ付けに使用されます。
  • スペースは、1つのチームまたはクライアントに関連するすべての作業項目を格納するための大きなバケツです。

Wrikeのナビゲーション

ビュー(リスト、テーブル、ボード、ストリーム、ファイル、ガントチャート)は、フォルダー、プロジェクト、またはスペース内のタスクの表示方法に関する様々なオプションです。 ビューオプションは、フォルダー/プロジェクト/スペースをクリックすると表示されます。

例えば、リストビューではタスクがリスト形式で表示され、テーブルビューではスプレッドシート形式で表示され、ガントチャートではプロジェクトのスケジュールが視覚化されます。 いずれの場合も、同じタスクを異なる角度から見ています。 作業ビューの使用に関するヒントの詳細。

Views.png

Wrikeで表示するもの

Wrikeに表示される内容は、チームメイトの作業スペースに表示される内容とは異なる場合があります。 これは、異なる作業項目を共有しているためです。 そのため、共有されていないものにはアクセスできません。 ただし、共有したアイテムは作業スペースに表示され、確認したり検索したりできます。 共有の仕組みについて詳細をご覧ください。

Share_Task.png

情報を共有すると作業項目にアクセスできますが、フォローを使用すると、これらの項目に関連する通知を受信できます。 タスクに@メンションされたり指名されたりすると、そのタスクを自動的にフォローします。

Follow_Project.png

フィルターは、表示するタスクを決定します。 初期設定では、有効なタスクのみが表示されますが、フィルターはいつでも変更できます。 たとえば、完了したタスク、特定の担当者に指名されたタスク、または今週スケジュールされているタスクを表示するようにフィルターを設定できます。 複数のフィルターを適用し、選択した設定をプリセットとして保存することで、データを必要に応じて正確にスライス&ダイスできます。 多数のフィルターオプションがあり、リストにタスクが見つからない場合は、常にどのフィルターが適用されているかを確認することをお勧めします。

Filters.png

プロフィールのセットアップ

パーソナライズされた最新のプロフィールは、オンラインコラボレーションに個人専用のタッチを加えます。
次の3つの項目をカスタマイズすることで、作業スペースの外観と雰囲気をアップデートできます:

  1. プロフィールのカスタマイズ:アバターをアップロードし、役職、会社名、その他の情報を入力します。 オンラインのチームコラボレーションには、最新のプロフィール情報が不可欠です。
  2. 作業スペースのテーマを選択します。 黒または白、ヒョウまたはサファリ– Wrikeを好みに合わせます。 選択したテーマは、個人専用作業スペースにのみ適用されます。
  3. 通知設定を確認します。 初期設定では、すべてのEメール通知と製品通知がオンになっています。 それらを編集して、追跡したい変更に関するEメールだけを受信するようにできます。 Wrikeを初めて使用する場合は、初期設定のままにして、数週間後に通知の微調整に戻ることをお勧めします。

Profile.png

その他のリソース

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ