すべての記事

Wrikeのコラボレーター

テーブル 46. 利用可能 - 従来のプラン


概要

コラボレーターはWrikeにおけるユーザータイプの1つです。 彼らはアカウントに招待されるとWrikeの作業スペースにアクセスできますが、権限は限られています。

コラボレーターは有料のユーザー数を利用しませんが、アカウントに招待できるコラボレーターの数には制限があります。 制限の詳細については、当社の利用規約をご確認ください。

アカウントにコラボレーターを追加する方法については、こちらをご覧ください。

補足事項

有料アカウントのオーナーは、 利用プランページで利用可能なコラボレーター数を確認できます。 ページを開くには、右上隅にあるプロフィール画像をクリックし、アカウント管理を選択して、左側の利用プランタブをクリックします。

コラボレーターの権限

コラボレーターは次を実行できます:

  • リストビュー、テーブルビュー、ガントチャート、および活動ストリームからタスクにアクセスする。

  • [私のやること] および [受信トレイ] タブにアクセスする。

  • 自分と共有するタスク、フォルダー、プロジェクトを表示し、コメントを記入して、ファイルを添付する。

  • タスクのステータスを変更する。

  • 自分と共有されているレポートをエクスポートする(レポートはBusiness/Enterpriseアカウントでのみ利用可能です)。

ライセンスタイプの権限を比較した詳細なチャートについては、当社のライセンスタイプ別のユーザー権限のヘルプページをご覧ください。

トップ