すべての記事

G Suite (Google) でのSSO:実装ガイド

テーブル 49. 利用可能 - 従来のプラン


概要

G SuiteはGoogleが提供するサービスパッケージで、カスタムのGmailドメインと、Gmail、ハングアウト、カレンダー、Googleドライブなどの Google サービスが含まれています。 G Suiteに関する詳細はこちらをご覧ください。また、価格を確認するにはこちらをご覧ください。

WrikeがG Suiteにリンクされた後にユーザーができる内容に関する詳細については、 WrikeおよびG Suite:ユーザーガイド pageをご覧ください。

G SuiteマーケットプレイスからWrikeのアプリをインストールする

  1. G SuiteマーケットプレイスでWrikeのアプリを見つけます。

  2. インストールをクリックします。

  3. プロンプトに従ってアプリをインストールし、プロンプトが表示されたら権限範囲を承認します。 管理者は、ランチャーにWrikeアプリのアイコンを表示するユーザーを決定し、アプリがインストールされたことをユーザーに通知することを選択できます。

G SuiteからWrikeの利用プランを作成する

WrikeのG SuiteからWrikeの利用プランを作成するには、G Suite管理者である必要があります。

  1. G SuiteマーケットプレイスからWrikeをインストールします。

  2. GoogleアプリランチャーのWrikeアプリアイコンをクリックします。

  3. 表示されるページで、アカウントの名前を入力します。

  4. G SuiteドメインのメンバーをWrikeに招待します (オプション)。

  5. 続行をクリックします。

すぐにWrikeの新規管理者として登録され、Wrikeの利用プランまたはトライアルが作成され、招待を選択したすべてのユーザーに招待状が送信され、Wrikeの作業スペースに移動します。

既存のWrike利用プランをG Suiteにリンクする

既存のWrikeアカウントをG Suiteドメインにリンクするには、G Suite管理者およびWrike管理者である必要があります。

  1. G SuiteマーケットプレイスからWrikeアプリをインストールします。

  2. GoogleアプリランチャーのWrikeアプリアイコンをクリックします。

  3. G Suiteドメインのメールアドレスに関連付けられているWrikeアカウントが表示されます。 G Suiteにリンクするアカウントを選択します。

  4. 続行をクリックします。

  5. (オプション) G SuiteドメインのメンバーをWrikeに招待します。

  6. 続行をクリックします。

すぐにWrikeの利用プランがG Suiteにリンクされ、招待を選択したすべてのユーザーに招待状が送信され、Wrikeの作業スペースに移動します。

トップ