すべての記事

Enterprise

⏱ 1分で読めます

概要

Wrike Enterpriseのアカウントは、高度なセキュリティオプションや広範な管理オプションが必要なチームに最適です。 Enterpriseのアカウントでは、チームはシングルサインオン、2ステップ認証、操作可能な管理者許可を使用し、パスワードポリシー設定を管理できます。  

WrikeのFree、Professional、Business、Enterpriseのアカウントで利用できる機能を比較するには、当社の価格ページをご覧ください。

機能

FreeProfessional、および Businessのアカウントで利用可能な機能に加えて、Enterpriseアカウントのユーザーは次を使用できます:

SAMLでのシングルサインオン

シングルサインオンでは、チームはアカウントを別に作成する必要なくWrikeにログインできるため、コーポレートネットワークにログインするだけでWrikeを開くことができます。

SingleSign.png

2ステップ認証

2ステップ認証を有効にしてセキュリティレイヤーをサインインプロセスに追加します。 2ステップ認証をオンにすると、ユーザーはユーザー名やパスワードの入力後に時間依存の認証コードを入力する必要があります。

TwoStep.png

操作可能な管理者許可

操作可能な管理者許可 を使用して、管理者の役割および責任を戦略的に割り当てます。 あなたはEnterpriseアカウントの管理者に対して、利用可能な管理者許可のすべてまたは一部を提供できます。  

パスワードポリシー設定

パスワードポリシー設定を使用して、次に関連するユーザーパスワードポリシーを実行できます: パスワードの強度、パスワードの履歴、およびパスワードの有効期限

Password.png

ネットワークアクセスポリシー

ネットワークアクセスポリシー設定を使用して、ユーザーがWrikeにアクセスできるIPアドレスを指定します。

アクセスの役割のカスタマイズ

アカウントのアクセスの役割のカスタマイズ: 新規役割の作成、各役割に関連付ける権限の決定、役割の名前変更を行います。

アクセスレポート

アクセスレポートを使用して、誰が何にアクセスしているのかを追跡し、適切な人/グループと共有されていることを徹底します。

選択的共有

フォルダーやプロジェクトの選択的共有をオンにして、親フォルダーやプロジェクトにアクセスする人に関わらず、そのフォルダーやプロジェクトにアクセスできる人を編集します。

TableauとWrikeの接続

Tableau Connectorを使用して、Wrikeアカウントからデータを自動的に引っ張り出してTableauに連携します。

BI Export

BI Exportでは、サードパーティの分析ツール( PowerBIやQlikなど)に以降にインポートするためにアカウントのデータをエクスポートします。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ