すべての記事

アクセスロール

フォルダー/プロジェクトのアクセスロールは Businessおよび Enterpriseのアカウントで利用可能です。 アクセスロールをカスタマイズEnterpriseアカウントで利用可能です。

⏱ 8分で読めます

概要

アクセスロールを使用して、ユーザー(またはユーザーグループ)が共有フォルダーやプロジェクト内でできることを制御します。 次に示す4つのアクセスロールを選択できます: フル、エディタ、制限付き、または読み取り専用です、各ロールにはそれに関連する許可セットがあります。Enterpriseアカウントの管理者は特定のロールに対する許可をカスタマイズして新規ロールを作成できます 

重要な情報

  • フォルダー/プロジェクトを共有する権限を持つ人が常に1人以上は存在する必要があります。
  • フォルダー/プロジェクトに対してフルアクセスするユーザーが他にいる場合でも、あなたは自身のアクセスロールを変更できません。
  • アクセスロールにより付与される許可は、ライセンスタイプにより付与される権限を越えることはできません、例えば、コラボレーターはフォルダーやプロジェクトに対するフルアクセスが付与されてもタスクを作成できません。
  • あなたは読み取り専用のロールにおける許可を調整できません。
  • Enterpriseアカウントでは最大で10のアクセスロールを設定できます。

アクセスロールの許可

Businessアカウントの初期設定を以下に示します。 Enterpriseアカウントの管理者は、これらの設定をカスタマイズできるため、各ロールの許可リストは異なることがあります。

許可

フル

エディタ

制限付き

読み取り専用

一般的な許可

 

タスク、フォルダー、プロジェクトを共有して、フォルダーおよびプロジェクトの許可を編集

+

--

-

タグ(親フォルダー/プロジェクト)を追加または変更

+

--

-

フォロワーを変更

+

+

-

-

フォルダーおよびタスクを複製

+

+

+

-

コメントを作成

+

+

+

-

添付ファイルを追加

+

+

+

-

添付ファイルを削除

+

+

+

-

タイマーで時間を追跡

+

+

+

-

タスクの許可

タスクおよびサブタスクを作成

+

+

-

-

タスクの名前を変更

+

+

-

-

タスクの説明を編集

+

+

-

-

タスクのカスタムフィールドを編集

+

+

-

-

タスクの状況を変更

+

+

+

-

タスクの日付および依存関係を編集

+

+

-

-

タスクの担当者を修正

+

+

-

-

タスクの重要性および優先度を編集

+

+

-

-

タスクとサブタスクを削除しサブタスクをタスクに変換

+

-

-

-

タスクの請求タイプを変更*

+

-

-

-

フォルダー/プロジェクト許可

 

フォルダー/プロジェクトを作成

+

+

-

-

フォルダーとプロジェクトの名前を変更

+

+

-

-

フォルダー/プロジェクトを変換

+

+

-

-

フォルダーおよびプロジェクトの説明を編集

+

+

-

-

カスタムフィールドをフォルダーまたはプロジェクトで作成

+

+

-

-

フォルダーおよびプロジェクトのカスタムフィールドを編集

+

+

-

-

フォルダーまたはプロジェクトのワークフローを変更

+

+

-

-

フォルダーとプロジェクトを削除

+

-

-

-

プロジェクトの日付を編集

+

+

-

-

プロジェクトオーナーを変更

+

+

-

-

プロジェクト状況を変更

+

+

-

-

フォルダー/プロジェクトの色を変更

+

+

-

-

フォルダーやプロジェクトに初期設定ビューを設定

+

-

-

-

プロジェクトの進捗状況を変更

+

+

-

-

プロジェクト時間をロック*

+

-

-

-

プロジェクトの請求タイプを変更*

+---

カレンダー

カレンダー設定を管理

+

-

-

-

クラシックカレンダーでのタスクの追加/削除

+

+

-

-

カレンダーを共有

+

+

-

-

カレンダーを削除

+

-

-

-

ダッシュボード

ダッシュボードを共有

+

-

-

-

ダッシュボードを編集

+

-

-

-

ダッシュボードウィジェットを編集

+

+

-

-

作業負荷

タイトル、ユーザーリスト、フォルダーを編集

+

-

-

-

作業負荷チャートを共有

+

+

-

-

バックログボックスを編集

+

+

-

-

作業負荷チャートを削除

+

-

-

-

承認およびゲスト審査

承認を作成

 +

 -

他の承認を編集

 +

ゲスト審査を作成および編集

+

-

-

-

*これらの許可を利用できるのは、Wrike for Professional Servicesパッケージ、およびWrike Resourceアドオンが有効なアカウントだけです。  

アクセスロールの作成とカスタマイズ

「アクセスロールを編集」の権限を持つEnterprise管理者はアクセスロールを作成したりカスタマイズできます。

管理者は新規ロールを作成し、各ロールに関連付ける権限を決定し、ロールの名前を変更することができます。

アクセスロールを作成

  1. 作業スペースの右上隅にあるアバターをクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「アクセスロール」タブに切り替えます。
  4. 「アクセスロールを作成」をクリックします。
  5. 開いているポップアップでロールのタイトルおよび説明を入力します。
  6. 「ロールを作成」をクリックします。ロールは新規列としてテーブルに表示されます。
  7. ロールに含めるべき権限を指定します:
    • 特定の権限を含めるには、設定したロールおよび権限が交わるボックスにチェックを入れます。
    • 特定の権限を除外するには、ボックスのチェックを外します。
  8. 「変更を保存」をクリックします。

アクセスロールをカスタマイズ

  1. 作業スペースの右上隅にあるアバターをクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「アクセスロール」タブに切り替えます。
  4. カスタマイズできるアクセスロールと権限のリストが表示されます。
    • 特定の権限を含めるには、権限が設定したロールに対応しているボックスにチェックを入れます。
    • 特定の権限を除外するには、ボックスのチェックを外します。
  5. ロールの名前を変更したり、その説明を編集するには、編集したいロールのタイトルにカーソルを合わせて右側の3ドットメニューをクリックします。
  6. 「変更を保存」をクリックします。

変更内容は作業スペースで直ちに有効になります。フォルダーやプロジェクトへの特定のアクセスレベルを有するユーザーおよびユーザーグループ全員に対して適切な許可が付与されます。

注記!ユーザーまたはユーザーグループのフォルダーまたはプロジェクトに、複数のアクセスロールがある場合があります。これは、次のことを示しています:

  • 彼らは複数の親フォルダー、プロジェクト、またはユーザーグループから様々なアクセスロールを継承しました。
  • これらのアクセスロールは、異なる許可セットが、親フォルダー、プロジェクト、およびユーザーグループから継承された各ロールに関連付けられるようにカスタマイズされます。

アクセスロールを削除

「アクセスロールを編集」する権限を持つEnterprise管理者はアクセスロールを削除できます。

初期設定のロール(ロールリストの左端4つ)以外のロールを削除できます。

  1. 作業スペースの右上隅にあるアバターをクリックします。
  2. 「アカウント管理」を選択します。
  3. 「アクセスロール」タブに切り替えます。
  4. 削除したいロールのタイトルにカーソルを合わせて、右側の3ドットメニューをクリックします。
  5. 「ロールを削除」をクリックします。
  6. 表示されるポップアップで、リストから削除されたロールを代替えするロールを選択します。削除されているロールを付与されている全ユーザーはあなたがこのステップで選択するアクセスロールを取得します。
  7. 「ロールを削除」をクリックします。
  8. 「変更を保存」をクリックします。

ユーザーまたはグループのアクセスロールを変更

フォルダーやプロジェクトに「フォルダー許可を設定」する権限を持つ正規ユーザーは、他のユーザーのアクセスロールを変更できます。

  1. フォルダーの構造からフォルダーやプロジェクトを右クリックします。
  2. 「共有」を選択します。
  3. 役割を変更したいユーザーまたはグループを見つけてから、名前の右にある現在のアクセスロール(フル/エディタ/制限付き)をクリックします。
  4. ユーザーまたはグループに適用したいアクセスロールを選択します。
  5. 「保存」をクリックします。

継承アクセスロール

フォルダーおよびプロジェクトが許可レベルを継承する方法

許可レベルはフォルダー/プロジェクトからサブフォルダー/サブプロジェクトに渡されます。 許可レベルが継承されると、ユーザーは親フォルダー/プロジェクトおよびそれらのサブフォルダー/サブプロジェクトにアクセスします。

  • ユーザーのアクセスロールを変更して、サブフォルダー/サブプロジェクトの許可レベルを、親フォルダー/プロジェクトの許可レベルよりも高くすることができます。
  • 継承共有(詳細は以下を参照)をオフにしない限り、ユーザーのサブフォルダー/サブプロジェクトのアクセスロールを変更して、それを親フォルダー/プロジェクトのアクセスロールよりも低くすることはできません。

継承アクセスロールをオフにする

継承共有をオフにする機能は、Enterpriseアカウントでご利用いただけます。
 
フォルダー/プロジェクトの継承共有をオフにすると、継承許可も自動的にオフになります。 継承共有をオフにすると、親フォルダーやプロジェクトの許可レベルに関わらず、ユーザーの許可レベルを編集できます。 例えば、ユーザーは親フォルダーへのフルアクセスがある場合でも、サブフォルダーへの制限付きアクセスを持つことができます。 継承共有をオフにすると、許可には次のように反映されます:
  • 継承共有がオフの時にフォルダー/プロジェクトにアクセスするユーザーは現在のアクセスロールを保持します。
  • 継承共有のオフ後にフォルダー/プロジェクトへのアクセスが付与されるユーザーには、ユーザータイプに応じて初期設定のアクセスロールが付与されます。 
  • 継承共有がオフでない限り、フォルダー/プロジェクトに追加されるサブフォルダー/サブプロジェクトは継承アクセスロールロジックに従います。

アクセスロールとユーザーグループ

アクセスロールを個人ではなくユーザーグループに設定できます。アクセスロールをグループに指名する場合:

  • グループの1人のメンバーまたは複数のメンバーに対してグループの残りのメンバーの許可レベルよりも高い許可レベルを付与することができます。 例えば、ユーザーグループにフォルダーへの制限付きアクセスがある場合、1人のユーザーグループメンバーをフルアクセスにアップグレードできます。
  • ユーザーグループの1人のメンバーまたは複数のメンバーに対してグループの残りのメンバーの許可レベルよりも低い許可レベルを付与することはできません。 例えば、ユーザーグループがプロジェクトにフルアクセスできる場合、ユーザーグループの1人のメンバーをエディタまたは制限付きアクセスにダウングレードできません。

グループメンバーのアクセスロールをより高いロールにアップグレードする:

  1. フォルダーの構造からフォルダーやプロジェクトを右クリックします。
  2. 表示されるドロップダウンメニューから「共有する」を選択します。
  3. アップグレードしたいアクセスロールがあるユーザー名をリストから選択するか、彼らの名前を入力し始めて表示されたら選択します。
  4. 彼らの名前の右側にある現在のアクセスロールをクリックして、適用したいアクセスロールを選択します。
  5. 「保存」をクリックします。
0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ