すべての記事

リストビューでの並べ替えおよびフィルタリング

テーブル 3. 利用可能 - 従来のプラン


概要

すべてのアカウントタイプのすべてのユーザー(コラボレーターを含む)は、タスクの並べ替え方法を変更することができます。

オプションの並べ替え

リストビューには、7つの異なる並び替えオプションがあります。 タスクの並べ替え条件:優先度、日付、変更日、作成日、状況、重要度、タイトル

優先度

正規/外部ユーザーはタスクをドラッグ&ドロップして優先度を変更できますが、コラボレーターはできません。

優先度は、リストビューのタスクに対する初期設定の並べ替え設定です。 タスクを優先度で並べ替える場合、タスクをドラッグ&ドロップして優先度を変更できます-タスクがリストの最上部に近いほど、その優先度は高くなります。

フォルダーまたはプロジェクトで共有されるすべてのユーザーには、優先度で並べ替えるのと同じ順序でタスクが表示されます。 例えば、優先度で並び替えるときにタスクの順番を変更すると、チームメイトがフォルダーまたはプロジェクトを見て、優先度でタスクを並び替えるときのタスクリストの順番も変更されます。

日付

タスクを日付で並び替える場合、タスクはスケジュール設定した日付に基づいて、期限切れ、今日、明日、今週、来週、月、それ以降の7つのカテゴリにグループ化されます。 「それ以降」のカテゴリには、開始日が今月よりも後になっている、またはバックログされているタスク(開始日および終了日がスケジュール設定されていないタスク)が表示されます。

すべての完了したタスクは、完了カテゴリの下に一緒に表示されます。

変更日

このオプションは、ユーザーがタスクに変更を加えてからの経過時間に従ってタスクを並べ替えます。 Wrikeが考慮する対象:

  • ユーザーは、タスク名、状況、担当者、タグ、詳細フィールド、日付、カスタムフィールド、共有、承認のいずれかのタスクフィールドで変更を行っているユーザー。

  • タスクの添付ファイルを追加、編集、または削除しているユーザー

  • タスクのコメントを追加、編集、または削除した。 ユーザー

最後に変更されたタスクがリストの一番上に表示されます。

作成日

このオプションを適用すると、タスクは作成日で並び替えられます。 最後に作成されたタスクがリストの一番上に、一番古いものが下のほうになります。

ステータス

タスクを状況で並び替える場合、ステータスに基づいてグループに分類されます。 グループ内では、タスクは英数字順に並べ替えられます。

注意事項

カスタムカスタムステータスに関する注意点:BusinessおよびEnterpriseユーザーは、同じ名前で異なるワークフローのカスタムカスタムステータスを持つことができます。 これらは2つの異なるステータスであるため、これらのステータスのタスクは異なるグループに分類されます。

重要度

重要度でタスクを並び替える場合、重要度が高いタスクが最初にリスト表示され、重要度がのタスクがそれに続き、重要度が低いのタスクが最後にリスト表示されます。

タイトル

タスクをタイトルで並び替えると、フォルダーまたはプロジェクトのタスクは英数字順にリスト表示されます。

タスクを並べ替える

Sorting_and_Filtering_in_List_View-Sort_tasks.png
  1. 選択するフォルダー、プロジェクトまたはスペースに移動し、リストビュー 1 に切り替えます。

  2. タスクリストの上にあるパネルで、現在の並べ替えオプション 2 をクリックします。 デフォルトでは、優先度になっています。

  3. 表示されるリストから必要なオプションを選択します 3

タスクの並べ替え方法がすぐに変更され、選択した方法が反映されます。

トップ