すべての記事

Wrikeの管理者

テーブル 37. 利用可能 - 従来のプラン


概要

管理者は、拡張権限を持つユーザーです。 管理者には次の2つのタイプがあります:

  • 通常の管理者は、管理者権限を付与されているユーザーです。 アカウントの管理者数に制限はありません。

  • アカウントのオーナーは管理者であり、デフォルトでは、最初にアカウントに登録した人になります。 アカウントごとに1人のアカウントのオーナーしか存在できません。 アカウントのオーナーの変更方法についてはこちらをご覧ください。

管理者はWrikeで拡張したユーザー権限を持っていますが、共有されているタスク、フォルダー、プロジェクトしか表示できません Enterpriseアカウントでは、管理者ユーザーの権限をカスタマイズできます。

補足事項

グループ管理者やスペース管理者は、常に管理者ライセンスタイプと同じ権限を与えられるわけではないので、混乱しないようご注意ください。 アカウント管理者は、特に管理者ライセンスタイプを指して使用される場合があります。

管理者ユーザーの権限

管理者ユーザーは次のことができます:

  • 正規ユーザーと同じ権限でアクセス、表示、編集する。

  • 勤務スケジュールやジョブロールなど、アカウント全体の設定をセットアップおよび編集する。

  • ライセンスタイプを編集し、他のユーザーを招待および削除し、ユーザーをユーザーグループに編成する。

  • 項目をゴミ箱から完全に削除する。

  • 招待、パスワードなどのポリシー設定を編集する。

ライセンスタイプの権限を比較した詳細なチャートについては、当社のライセンスタイプ別のユーザー権限のヘルプページをご覧ください。

よくある質問と回答(FAQ)

管理者権限はカスタマイズできますか?

Enterpriseアカウントの管理者は、上記のすべての権限を持っているわけではありません。 詳細については、Enterpriseアカウントの管理者権限ページをご覧ください。

トップ