すべての記事

タイムログビューのエクスポート

テーブル 191. 利用可能 - 従来のプラン


概要

コラボレーターを除くすべてのユーザーは、タイムログビューをエクスポートできます。

タイムログビューには、特定のフォルダー、プロジェクト、スペース内のすべてのタスクおよびサブタスクのタイムログエントリーが表示されます。 ​Wrikeでは、タイムログビューをExcelスプレッドシートまたはPDFファイルとして簡単にエクスポートでき、関係者と共有したり、会計に使用したりできます。

タイムログビューをエクスポートする

  1. エクスポートするタイムログエントリーがあるフォルダー、プロジェクト、またはスペースに移動します。

  2. タイムログビューに切り替えます。

  3. 右上隅のエクスポートボタンをクリックします。

  4. ExcelまたはPDFを選択します。

お使いのコンピュータのデフォルトのダウンロード先に自動的にファイルのダウンロードが開始されます。 このファイルには、ビューで非表示にした列を含む、完全なタイムログテーブルが含まれています。

ヒント

エクスポートする前にタイムログビューをフィルタリングできます。 これにより、特定のタイムエントリーのみがファイルに表示されます。

一部の利用プランでは、タイムログをエクスポートする前にタイムエントリーをロックして、エクスポート後にエントリーが編集されないようにすることもできます。

トップ