すべての記事

アカウント全体のカスタムワークフローの作成

テーブル 55. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Business以上のアカウントの管理者アカウント全体のカスタムワークフローを作成できます。 Enterprise StandardおよびEnterprise Pinnacleでは、この機能は管理者権限の詳細の指定であるため、一部の管理者はこの権限を持っていない可能性があります。 これらのアカウントのコラボレーターを除くすべてのユーザーは、カスタムワークフローを使用できます。

アカウント全体のカスタムワークフローは、アカウント内のすべてのユーザーに表示され、任意のスペース、プロジェクト、フォルダーでデフォルトのワークフローとして使用できます。

ヒント

作成しようとしているワークフローを1つのチームのみが使用する場合、そのチームのスペース内でスペースのワークフローとして作成することをお勧めします。 これにより、ワークフローの編集が容易になり、そのようなワークフローは特定のスペース内でのみ使用できます。

カスタムワークフローを作成する

Creating_a_Custom_Workflow_-_Create_a_custom_workflow.png
  1. 作業スペースの右上隅にあるプロフィール画像をクリックします 1

  2. ドロップダウンから設定を選択します。

  3. 左側のナビゲーションパネルのワークフローをクリックします。 アカウント内のすべてのワークフローのリストが表示されます 2

  4. +新規ワークフローをクリックします。

  5. 新規ワークフロー名を入力します 3。 デフォルトでは、有効完了のワークフローカテゴリーに1つのステータスがあります。 これらのデフォルトのステータスは編集できますが、削除することはできません。

  6. ワークフローグループの下部にある+ステータスを追加 4 をクリックしてワークフローにステータスを追加し、タイトルを入力して 5、そのステータスの色を選択します 6

  7. ステータスをクリックして、名前の変更、削除 7、ステータスの色の変更を行えます。

  8. オプション:ステータスをクリックすると、ステータス変更時に承認移行担当者を追加できます。

  9. ステータスをドラッグ&ドロップしてあなたのチームにとって最も有用な順でステータスグループ内に配置します。 選択した順序は、ステータスがタスクのドロップダウンステータスメニューに表示される順序です。

  10. 右上隅の保存をクリックします 8

新規ワークフローを作成すると、チームメンバー全員がそれを直ちに表示して使用することができます。

補足事項

Business/Enterpriseの各アカウントに設定できるワークフローは最大で200ですが、ワークフロー内に設定できるステータスの数には制限がありません。

トップ