すべての記事

Wrike for Marketers Performance

概要

重要

このプランは従来のパッケージであり、2021年7月1日以前に契約されたユーザーが対象です。 利用可能なすべてのプランの詳細については、こちらをご覧ください。 Wrike Marketing Insightsは、Business Plus以上のアカウントのアドオンとして購入できます。

WfM Performanceパッケージは、基本WfMパッケージのアカウントで利用できます。

WfM Performanceには、基本的なWfMパッケージのすべての機能に加え、Wrike AnalyzeおよびMarketing Insightsの2つのアドオンが含まれています。

Marketing Insights

Marketing Insightsは、Wrike for Marketers Performanceの一部です。 Wrike for Marketersのアカウントでは、アドオンとして購入できます。 アカウント管理者は、Marketing Insightsを利用して、デジタルマーケティングおよび広告キャンペーンのデータをWrikeに統合することができます。

Wrike for Marketing Insightsにより、デジタルマーケッターは作業現場でパフォーマンスメトリクスに簡単にアクセスすることができます。 キャンペーンマネージャーが新規広告、メール、キャンペーンを開始すると、パフォーマンスメトリクスが自動的に流入、集計され、アセットパフォーマンス、広告、広告グループ、媒体、キャンペーンまたはチャネルを簡単に切り替えることができます。 その結果、マーケティングチームは成果を最適化するために必要な透明性を得ることができます。

Marketing Insightsを利用すると、以下が可能になります。

  • Facebook、AdWords、Google AnalyticsなどのデータをWrikeに統合することができます

  • 作業の進歩状況とマーケティングで使用しているシステムから抽出したKPIを一つの場所で確認できます

  • マーケティングデータと作業データを一体化し、Wrike Analyze*を使用すれば、キャンペーンの成果、コスト、ROI、チームのパフォーマンスを理解することができます

*Wrike Analyzeは、WfM Performanceや個別のアドオンを使用しているアカウントでのみご利用いただけます。

利用可能なデータ

ユーザーが利用できるマーケティングフィールドは4種類あります。

  • マーケティング共通(青でハイライト表示):接続タイプ、ソース、キャンペーン名、キャンペーンの日付、通貨、キャンペーンのカスタム売上、広告、広告セットが含まれています。 これらのフィールドはあらかじめ設定され、UTMパラメータにマッピングされており、対応するプロジェクトまたはタスクに関連するKPIを算出します。 値は変更できますが、フィールド名または種類は変更できません。

  • 広告(ピンクでハイライト表示):広告キャンペーンに特化したメトリクス(閲覧数、クリック数、インプレッション数、コンバージョン数、コスト、購入、売上)が含まれています。 これらのフィールドのデータは編集できません。

  • メールマーケティング(緑でハイライト表示):メールキャンペーンに特化したメトリクス(クリック数、インプレッション数、ユニークメール数(送信済み、開封済み、クリック済み)、支出額、購入額、売上)が含まれています。 これらのフィールドのデータは編集できません。

  • ウェブ分析(黄でハイライト表示):ユーザー数、新規ユーザー数、インプレッション数、セッション数、コンバージョン数、トランザクション数、トランザクションの収益、購入数が表示されます。 これらのフィールドのデータは編集できません。

接続を作成する

最初の接続を作成することで、Marketing Insightsでの作業を開始できます。

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. アプリ&連携を選択します。

  3. 左側のナビゲーションパネルからMarketing Insightsタブを選択します。

  4. 接続を追加ボタンをクリックします。

  5. 表示されるポップアップで、Wrikeにデータを追加するソースを選択します。

  6. 接続をクリックします。

  7. 次に、選択したソースでアカウントへログインするよう求められます。

  8. 完了をクリックします。

補足事項

使用している接続数と行数は、アプリ&連携のMarketing Insightsのカードから確認できます。

データを共有する

アカウント管理者は、WrikeのMarketing Insightsのデータへアクセスできる人を選択することができます。

共有設定を変更する手順:

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. アプリ&連携を選択します。

  3. 左側のナビゲーションパネルからMarketing Insightsタブを選択します。

  4. アクセスタブに切り替えます。

  5. データへアクセスできるユーザーおよびユーザーグループを選択します。

ここで選択されたユーザーは、必要な権限を持つ任意のフォルダー、プロジェクト、スペースにこれらのフィールドを追加することができるようになります。

補足事項

このデータを追加するフォルダー、プロジェクト、スペースを選択することもできるので、手動で追加する必要はありません。

接続を使用する

デジタルキャンペーンに関するデータは自動的にWrikeに追加されます。 この情報は、Marketing Insightsページから共有しているすべてのユーザーがアクセス可能です。 この情報を表示する手順:

  1. テーブルビューでデータが保存されているフォルダー、プロジェクト、またはスペースを開きます。

  2. ビューの左上隅のギアアイコンをクリックします。

  3. カスタムフィールドを管理をクリックして、追加する列を選択します。 Marketing Insightsを使用している場合、フィールドのグループ全体を一度に選択することができます。

  4. 次に、もう一度ギアアイコンをクリックして、表示するフィールドの横にあるボックスにチェックを入れます。

  5. その後、マーケティング共通グループの列にデータを指定します。 例えば、必要なキャンペーンや期間指定などです。 選択したその他すべてのフィールドのデータが自動的に追加されます。

Wrike Analyze

Wrike Analyzeは、Wrikeアカウント全体のデータに基づいて分析ダッシュボードを作成することができる、完全にカスタマイズ可能なソリューションです。 作成済みの分析テンプレートを使用するか、カスタム分析ボードを作成して、業界固有のメトリクスに焦点を当てることができます。 実行中のプロジェクトの全体像を把握し、完了済みの作業を分析し、インタラクティブな概要を関係者と簡単に共有できます。

Wrike for Marketers Performanceには、以下の5つのWrike Analyzeレポートがあらかじめ構築されています。

  • UTMの監査:複数のチャネルにわたるUTMリンクの一貫性を保つことができます。 UTMパラメータの間違いがハイライト表示される場合があります。

  • ソーシャルメディアのパフォーマンス:すべてのソーシャルメディアキャンペーンのデータを1つの場所に表示することができます(費やした金額の合計、総売上、UTMキャンペーンの上位、ソースなど)。

  • ソーシャルメディアのパフォーマンス(過去14日間)ソーシャルメディアパフォーマンスと同じ指標を表示しますが、過去7日間または14日間と比較したものとなります。

  • キャンペーンのパフォーマンス:特定のキャンペーンに費やした金額を表示し、このキャンペーンに関与するすべてのソースの数を表示し、コンバージョンあたりのコストを表示することができます。

  • チャネルのパフォーマンス:マーケティングキャンペーンに使用するすべてのチャネルを比較します。

トップ