すべての記事

ワークフローのステータスに基づくタスクの自動指名

テーブル 49. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Business/Enterpriseアカウントの管理者は、担当者の自動指名を使用したカスタムワークフローを作成できます。 Enterpriseアカウントでは、この機能は管理者権限の詳細の指定であるため、一部の管理者はこの権限を持っていない可能性があります。

特定のステータスに変更された場合に、チームメンバーをタスクに自動的に指名するカスタムワークフローを作成できます。 その場合:

  • 現在の担当者は削除されません。

  • そのユーザーは、タスクへのアクセス権を自動的に取得します。

  • API、リクエストフォームの送信、Unito/Workatoの連携など、自動化によって作成されたタスクのワークフロー設定に従って担当者が自動的に追加されることはありません。

担当者の自動指名が機能するケース

担当者をステータスに応じて指定した場合、次の媒体でタスクの作成やタスクのステータスの変更を行うと、担当者が追加されます:

  • 作業スペース内。

  • モバイルアプリ内。

  • メールを利用した連携を通じて。

  • Slack連携を通じて。

  • 一括編集を使用して。

ステータスに基づいて担当者を自動的に追加する

  1. 作業スペースの右上隅のプロフィール画像をクリックします。

  2. ドロップダウンから設定を選択します。

  3. 左側のパネルでワークフロー をクリックします。 アカウント内のすべてのワークフローのリストが表示されます。

  4. 自動指名を構成するワークフローのタイトルをクリックします。 表示されない場合は、Ctrl+F(Macの場合はCmd+F)を押して、リスト内を検索します。 Wrikeデスクトップアプリではこの方法では検索できません。

  5. 担当者を設定するステータスを選択します。

  6. ステータスの変更時に担当者として指名の下のフィールドをクリックします。

  7. 担当者の名前を入力し始めて、それらが表示されたらドロップダウンから選択します。

    • ユーザーを追加フィールドをクリックして、別の担当者を追加します。

    • 担当者を削除するには、名前の右にあるxをクリックします。

  8. 右上隅の保存をクリックします。

担当者の名前がステータスの下に表示されます。 複数の担当者がいる場合は人数が表示され、数字をクリックするとすべての担当者の名前が表示されます。

トップ