すべての記事

Wrikeボット

テーブル 367. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Wrikeボットは特定の状況下で作業スペースに現れ、自動化アクションを実行したり、受信トレイの関連イベントを通知してくれたりします。

Wrike_Bot.png

Wrikeボットの機能

Wrikeボットの主な機能:

リマインダー

Wrikeボットがストリームのコメントとして自動リマインダーを送信する状況はいくつかあります。 例えば、あるタスクのすべてのサブタスクが完了、延期、またはキャンセルされた場合、Wrikeボットはユーザーに親タスクを完了しなければいけない可能性があることをリマインドします。

Wrikeボットが提供するリマインダーの一部は、設定メール設定でコントロールできます。

承認

Wrikeボットは、開始した承認に関する決定が行われると、関連するタスクのストリームで通知します。

外部リクエストフォーム

ボットは、誰かが外部リクエストフォームを送信した際にタスクの作成に使用されます。 リクエストが送信されると、Wrikeボットはフォームの詳細で指定されたタスクを作成します。

繰り返し

ボットは、ユーザーが繰り返しタスクに指名された場合や、繰り返しタスクが一時停止または完了した場合に通知します。

プロジェクトの同期

ユーザーがプロジェクトの同期を有効にしている場合、ボットは同期されたシステムに代わってアクションを実行します。

自動化

自動化エンジンを介してアクションが実行される場合はいつも、タスク/プロジェクトのストリームに自動化ボットが作成者として表示されます。 アクティビティレポートについても同様です。

ワークフロー

ワークフローで、項目が特定のステータスに変更されたときに、特定のユーザーを指名するか、承認を作成するように指定されている場合、Wrikeボットがこれらのアクションを完了します。

補足事項

場合によっては、Wrikeボットは作業スペース内のユーザーのように振る舞います。 作業スペース経由でWrikeボットをユーザーグループに追加することはできませんが、API経由で誤って追加してしまう可能性があります。 これはエラーが発生する原因となるため、回避する必要があります。 Wrikeボットは「@wrike-robot.com」というドメインのメールアドレスを持つユーザーとして表示されます。 API経由でユーザーグループを作成する際は、これらを避けてください。

次のステップ

トップ