すべての記事

Outlookアクション可能メッセージ

Outlookアクション可能メッセージは全アカウントタイプの全ユーザータイプ (コラボレーターを含む)がご利用いただけます。

⏱ 1分で読めます

概要

Wrikeに変更が加わると、Eメール通知がトリガーされます。Outlookアクション可能メッセージでは、Outlookで受信するEメール通知からタスクを直接的に更新することができます。

ご利用のアカウントの全員用にOutlookアクション可能メッセージを有効にしたい場合、support@team.wrike.comまで連絡してください。

重要な情報

  • 現在、Outlookアクション可能メッセージを介してコメントで人を@メンションすることはできません。
  • Outlookアクション可能メッセージにWrikeの電子メールを統合することができます。
  • タスクがバックログされ、締め切りを追加すると、それは1日のタスクとして作成されます。

互換性と可用性

有効にすると、Outlookアクション可能メッセージは全アカウントタイプの全ユーザータイプ(コラボレーターを含む)がご利用いただけます。

Outlookアクション可能メッセージを使用できるためには、有効なMicrosoft Office 365登録を設定する必要があります。

Outlookアクション可能メッセージは次のバージョンでご利用いただけます。

  • Outlookのウェブバージョン。
  • WindowsおよびMac用Outlook 2016。Outlookアクション可能メッセージを機能させるには、Office 365 更新バージョン 1703以降が必要です。

機能性

アクションメモ
コメントコメントを追加します。@メンションは現在サポートされていません。
締め切り*締め切りを変更するか、日付をバックログタスクに追加します。
タスクをWrikeで開くタスクをWrikeの新規ブラウザタブで開きます。
状況 タスクの状況を追加するか変更します。 FreeおよびProのお客様はデフォルトの状況を常に確認できます。 BusinessおよびEnterpriseのお客様は、通知がトリガーされると、タスクが存在したワークフローから状況を確認できます。

*コラボレータはご利用いただけません。

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

トップ