すべての記事

WrikeとMicrosoft Teamsの連携

テーブル 184. 利用可能 - 従来のプラン


概要

Microsoft Teams向けWrikeは、すべてのWrikeアカウントとすべてのWrikeユーザータイプで利用できます。

補足事項

Microsoft TeamsでWrikeを使用するには、Teamsを含むOffice 365アカウントが必要です。 Microsoft Teamsの1つのOffice 365ディレクトリに、複数のWrikeアカウント関連付けることができます。

WrikeのMicrosoft Teams連携を使用して、 タスク、フォルダー、プロジェクト、スペースをMS Teamsのチャネルから直接表示して作業します。

WrikeアカウントをMS Teamsにリンクしてから、個々のフォルダー/プロジェクトをチャネルに追加できます。 そのフォルダー/プロジェクトは、お使いのWrikeアカウントに属し、チャネルにアクセスできるすべての人と共有されます。

タスクをリストビューで表示し、タスクをクリックして編集できます。 タスクはガントチャートでも表示できます。

補足事項

MS TeamsからFreeのWrikeアカウントを作成すると、Teamsのガントチャートにタスクを表示できます。 ただし、MS Teams以外で作成されたアカウントでガントチャートを表示するには、Professional以上のアカウントが必要です。

Microsoft TeamsにおけるWrikeの仕組み

Microsoft Teamsのチャネルにフォルダー、プロジェクト、スペースをタブとして追加できます。 フォルダー/プロジェクト/スペースを追加したら、あなた(およびOffice 365ディレクトリとそのチャネルへのアクセスに関連付けられた1つのWrikeアカウント内のすべての人)は、次の操作を実行できます:

  • フォルダー、プロジェクト、スペース内のすべてのタスク(すべてのステータスのもの)をリスト形式で表示したり、有効なタスクをガントチャートで表示したりする。 リストビューでフィルターアイコンをクリックすると、有効なタスクだけが表示されます。 MS Teamsのガントチャートは自動的に更新されますが、表示専用です。 MS Teamsのガントチャートからはタスクをスケジュール変更できません。

  • 新規のタスクおよびサブタスクを作成する。

  • 重要なタスクの詳細(説明フィールドの情報を含む)を編集する。

  • コメントを表示し追加して、同僚を@メンションします。

  • タスク、フォルダー、プロジェクトを別のユーザーと共有する。

  • リストビューでタスクをドラッグ&ドロップして、優先度を変更する。 MS Teamsのタスク順序は、デスクトップ版Wrikeの優先リスト表示と同期されます。

  • 既存の添付ファイルをダウンロードする。

  • タスクを削除する。

補足事項

Wrikeからログアウトすると、MS Teams向けWrikeから自動的にログアウトされます。

トップ