すべての記事

Wrikeのボードビュー

テーブル 25. 利用可能 - 従来のプラン


概要

全アカウントタイプの全ユーザーが、ボードビューを利用できます。

ボードビューには、ステータス別に列に整理されているフォルダー、プロジェクト、またはスペースのタスクが表示されます。 ボードビューでは以下のことが可能です:

  • 取り組むべきタスクを表示する。

  • タスクのステータスを追跡する。

  • 各タスクの、現在のステータスでの経過時間を確認する。 1

  • ドラッグ&ドロップでタスクを他の列に移動して、タスクのステータスを変更する。

  • 新規タスクを作成する。 2

注意事項

ボードビューを既定にしたい場合は、プロジェクト、フォルダー、またはスペースのデフォルトビューにすることができます。

Board_view.png

ボードビューのカスタマイズ

ボードビューはすぐに使用でき、カスタマイズオプションがいくつか用意されています。 ただし、(ステータス以外に基づいた)一意のタスクリストを作成する場合は、ダッシュボードをお試しください。

BusinessおよびEnterpriseユーザーの場合:

  • フォルダー、プロジェクト、またはスペースに適用されるカスタムワークフローに基づいて、カスタマイズされたボードビューを表示できます。

  • タスクがそのフォルダー/プロジェクト/スペースに適用されているワークフローとは異なるワークフローにある場合は、その他のタスク列に表示されます。 デフォルトでは、列は折りたたまれていますが、その上にマウスカーソルを合わせて展開アイコンをクリックすると、列を展開できます。 3

トップ